大成建設、女性技術者向けのヘルメットや安全帯を開発 | RBB TODAY

大成建設、女性技術者向けのヘルメットや安全帯を開発

エンタープライズ その他

建設現場で働く女性技術者の増加を受け、女性専用仕様の製品を開発することで、安全性と機能面を両立させた。あご紐を透明とした日焼け跡対策など、細かな仕様も女性向けとなっている(画像はプレスリリースより)
  • 建設現場で働く女性技術者の増加を受け、女性専用仕様の製品を開発することで、安全性と機能面を両立させた。あご紐を透明とした日焼け跡対策など、細かな仕様も女性向けとなっている(画像はプレスリリースより)
  • 安全帯は軽量化をはかり、腰への負担も軽減させた作りとなっている。カラーリングもピンクを基調としており、華やかな印象を与えてくれる製品となっている(画像はプレスリリースより)
 大成建設は谷沢製作所と共同で、女性専用の「ヘルメット」「安全帯」「フルハーネス安全帯」を新たに開発したことを14日に発表した。同社の女性社員の要望を取り入れて開発し、女性技術者の安全性・機能性・働きやすさの向上を図るものとしている。

 建設現場で働く女性向けの安全用品や作業用品は種類が少なく、男性向け製品の流用では使いにくかったり、安全性や機能面での問題点があった。

 今回開発した製品は作業現場で働く女性の意見を多く取り入れ、通気性に優れ、汗や化粧品の汚れを吸収する洗濯可能な内装のヘルメットや、軽量化と腰への負担を軽減した安全帯、女性専用サイズで腹部への負担を減らしたフルハーネスなど、実際に女性が使用する際に使いやすく、安全である点に注力している。

 購入に際しては、トラスコ中山の「なでしこプロツールカタログ」(プロ用機材の販売店で取り扱われているカタログ通販)及びアスクルの大企業向け一括購買サービス「ソロエルアリーナ」で、掲載商品を簡単に購入できる仕組みを関係会社と構築している。

■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top