【木暮祐一のモバイルウォッチ】第72回 身の周りの空気を“可視化”するスマホ連携センサー | RBB TODAY

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第72回 身の周りの空気を“可視化”するスマホ連携センサー

ブロードバンド その他

airmon本体。正面上部の黒い電源ボタンを長押しして起動。側面のイラストは保護シールに印刷されているもの
  • airmon本体。正面上部の黒い電源ボタンを長押しして起動。側面のイラストは保護シールに印刷されているもの
  • airmon本体裏側。上部に計測時空気吸引部がある
  • まずは屋外で計測。青森公立大学構内にて。周囲は森で、花粉も飛び始めた
  • 屋外での計測の結果、かなりの浮遊粒子状物質があることが分かった
  • 続いて屋内(研究室の机上)で計測してみた
  • 研究室内の計測結果はPM2.5が12μg/立方メートル、PM10が5μg/立方メートルと、非常にきれいな状態であった
  • 掃除機をかけると浮遊粒子状物質が舞い上がると聞き、試しに研究室の隅から隅まで掃除機をかけてみた。気分的にはとてもきれいになった気分
  • なんと、掃除機をかけた直後、PM2.5が48μg/立方メートルへ、PM10が41μg/立方メートルへと大幅に増加。掃除機ってこんなに部屋を汚すのかと驚いた
 ようやく春が訪れ、各地で桜も開花しているようだが、同時に悩ましい問題が「花粉」や「黄砂」が大量に飛来する時期でもあるということ。筆者もこの10年ほど花粉症に悩まされており、目がかゆくなり、くしゃみや鼻水も止まらずつらい季節となる。

 九州方面へ出張した際に驚かされたが、高台から遠景を望むと地面に近いところがよどんで見える。それが噂の大陸から飛来してきた「PM2.5」らしいのだが、いずれにせよ、目に見えない微細な粉塵(浮遊粒子状物質)が大気にはたくさんあるようだ。

 そんな浮遊粒子状物質を計測できるセンサーが発売された。スマートフォンとBluetoothで接続し、アプリを通じて大気中の汚染状況を計測できる「airmon(エアモン)」だ。花粉の飛来する時期にタイムリーな話題ということもあって、早速入手したのでファーストインプレッションをお届けしたい。

■スマホと連携するセンサーの新アイデア

 スマホと連携する各種センサーは、今後のスマホ関連市場を盛り立ててくれる重要なアイテムと考えているが、その大半は活動量や心拍等、身体の状況を収集するウェアラブルデバイスが大半である。そんな中で、今回紹介する「airmon(エアモン)」は、大気の汚染状態を計測できるという、これまでに無かった視点のスマホ連携センサーだ。製造・販売は株式会社E3で、アマゾン経由で購入が可能。ソフトウェア部分のアプリはベンチャー企業のUXFが提供を行う。現時点ではiOS向けのもののみであるが、近くAndroid版も公開される予定。販売価格は、現時点で初期ロット限定の発売記念価格で提供しており9,980円(税込)。今後、定価は11,900円となる予定。

 airmon本体のサイズは、縦約60mm×横約58mm×幅約58mm、重量は約135グラム(筆者実測値)と手のひらサイズであるが、ポケットに入れていつでも持ち歩くという感じのサイズではない。重量はさほど感じないので、カバンに入れておいて、出先で計測するような使い方に不自由はなさそうである。充電はマイクロUSBプラグを使用する。本体以外の付属品は、充電用のマイクロUSBケーブルと取扱説明書、保証書など。
《木暮祐一》

関連ニュース

特集

page top