メールやLINEで合鍵も! スマホがドアの鍵になる「Akerun」 | RBB TODAY

メールやLINEで合鍵も! スマホがドアの鍵になる「Akerun」

エンタープライズ セキュリティ

入退出履歴の記録が可能なため、子どもや一人暮らしの高齢者の入退室をスマートフォンから確認したり、オフィスや店舗のタイムカードとして使用することも可能となっている(画像はプレスリリースより)
  • 入退出履歴の記録が可能なため、子どもや一人暮らしの高齢者の入退室をスマートフォンから確認したり、オフィスや店舗のタイムカードとして使用することも可能となっている(画像はプレスリリースより)
  • カギの管理はスマートフォンで行えて、管理者権限でそのカギで解錠できる日時の設定が可能。閉店時に納品作業を業者が行うような飲食店などでも活用できるだろう(画像はプレスリリースより)
  • 入退出があったことをスマートへプッシュ通知する機能も有する(画像はプレスリリースより)
  • 当面は不動産業界やホテル業界を中心に普及していくことが予想される(画像はプレスリリースより)
 フォトシンスは3月23日、先だって不動産内覧用として試験運用していた後付型スマートロックロボット「Akerun(アケルン)」の予約受付を開始した。ドアのサムターンの上に取り付けた「Akerun」本体とスマートフォンをBluetooth認証することで、鍵を解錠・施錠するシステムとなっている。発売は4月23日となる。

 オートロック機能を備えており、「Akerun」を設置したドアは、締めたあと自動的に鍵が施錠される。ドアにスマートフォンを持って近づくだけで鍵を開錠することも可能となっており、物理的なキーの持ち運びが不要になる。

 特徴は、合鍵をメールやLINEで送付できるため、鍵の手渡しが不要となる点。物理的なキーの場合、置きカギや紛失時に悪意のある人間に合い鍵を作られてしまうリスクがあったが、時間を限定した鍵の発行も行えるため、そうしたリスクを抑えることが可能だ。

 業務用途としてはホテルへの導入で、フロントでの鍵受け渡しを不要とし、アプリの操作だけでチェックイン・チェックアウトを行うことが可能になる。既に試験運用がはじまっているが、賃貸物件の内覧時に仲介会社が鍵を借り受ける手間なども省くといった利用方法も想定される。

 価格は36,000円。現在、webサイトで予約受付中。同社は2015年度中にAkerun1万台の出荷を見込んでいる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top