携帯電話エリア外でも情報伝達が可能……ドコモが新技術を開発 | RBB TODAY

携帯電話エリア外でも情報伝達が可能……ドコモが新技術を開発

エンタープライズ モバイルBIZ

本技術を活用した災害時の安否情報登録サービスのイメージ
  • 本技術を活用した災害時の安否情報登録サービスのイメージ
 NTTドコモは10日、「Bluetooth Low Energy」(BLE)を活用することで、携帯電話エリア外でも情報伝達を可能とする新技術を開発したと発表した。災害時など、携帯電話ネットワークが機能しなくなった場合を想定している。

 この技術は、BLEを使い、近距離内のスマホ同士で情報を伝達するもので、今回ドコモは、異なるOS同士(iOSとAndroid)でも利用できる新技術を開発した。これにより、停電などで携帯電話ネットワークが使えないときでも、自分の安否情報を遠距離のスマートフォンまで伝達できる。そのスマートフォンが携帯電話ネットワークを使えれば、災害用伝言板などに情報を登録するといったことが可能になる見込みだ。

 対応OSはiOS7.1以上、Android 5.0以上。今後ドコモは、本技術のソフトウェア開発キットを3月中にも公開する方針。新たな安否情報登録サービスについても検討を進める。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top