【セキュリティショー2015 見どころ】アペックス、動体検知機能付きシステム「モーションコール」 | RBB TODAY

【セキュリティショー2015 見どころ】アペックス、動体検知機能付きシステム「モーションコール」

エンタープライズ その他

セキュリティーショー2015/IPネットワークカメラゾーン/小間番号SS3228
  • セキュリティーショー2015/IPネットワークカメラゾーン/小間番号SS3228
  • 今回出展する「モーションコール」の構成イメージ
 3月3~6日に東京ビッグサイトで開催されるセキュリティショー2015にて、東京都港区に拠点を構え、半導体製造装置、放送用光学機器、真空機器を扱うアペックス(APPEX)がブースを出展する。

 今回は、監視カメラ統合管理ソフト「XProtect」シリーズの応用技術である「モーションコール」を搭載したシステムやNVRのデモンストレーションを展示。「モーションコール」は人や物の動きや形を瞬時に認識して、特定の動きだけを録画し、ユーザーに報せるというシステムだ。一般的に監視システムにおけるコストでは、ストレージが占める割合が大きいと言われているが、通常の動態検知機能では検知されてしまう動きを排除し、必要な動きだけを録画することで、ストレージコストの削減が可能となる。

 病院や高齢者施設などに導入すれば、病室内の映像から利用者の異変を検知したら、ナースステーションなどに迅速に報せることができるなど、スタッフの作業負担の軽減などにも役立てることが可能だ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top