豊川悦司、向井理、榮倉奈々…三重の名産を堪能し絆深まる | RBB TODAY

豊川悦司、向井理、榮倉奈々…三重の名産を堪能し絆深まる

エンタメ 映画・ドラマ

『娚(おとこ)の一生』-(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会
  • 『娚(おとこ)の一生』-(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会
  • 向井理(中川役)/『娚(おとこ)の一生』-(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会
  • 『娚(おとこ)の一生』-(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会
  • 『娚(おとこ)の一生』-(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会
  • 『娚(おとこ)の一生』-(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会
  • 『娚(おとこ)の一生』-(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会
  • 『娚(おとこ)の一生』-(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会
  • バレンタインWEB解禁・『娚(おとこ)の一生』-(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会
榮倉奈々と豊川悦司をW主演に迎え、大人気コミックを映画化した『娚の一生』。先日公開されたばかりの本作の撮影エピソードが到着。三重県でのロケではキャスト・スタッフが雄大な自然や美味しい名物を堪能しながら絆を深めていたことが明らかになった。

都会の生活とつらい恋愛に疲れ果てた女性・堂薗つぐみ(榮倉奈々)。祖母の田舎である緑豊かな街の古民家に引越し、そこで年上の大学教授・海江田醇(豊川悦司)と出逢う。海江田からの求愛や言動に戸惑いながらも、ゆっくりと心を開いてゆくつぐみ。“もう恋はしない”と決めたはずのつぐみが見つけたものとは…。

ヒロインのつぐみが暮らす街と家は、「都会とは違う穏やかな暮らしの中で、一生を誰かと寄り添い生きていくことを考えていく場」となる、重要な場所。スタッフが原作通りの「海と山の気配が感じられる古民家」を探し求めて全国を駆け回った結果見つけたのが、今回ロケ地となった三重県伊賀市の古民家だという。

撮影にあたってはフィルムコミッションの方々がスタッフ・キャストを伊勢マグロや老舗の和菓子など地元の名産物でもてなし、大好評だったそう。中でもキャストに人気だったのは、芳醇な香りとコクを楽しめる「伊賀牛」。榮倉奈々、安藤サクラといった女優達からも大好評で、寒い中での撮影で振る舞われた伊賀牛の牛丼はおかわり続出だったのだとか。

伊賀牛に魅了されたキャストはその後も伊賀牛を食べられる焼肉店に通ったそうで、その美味しさは『きいろいゾウ』の撮影でも三重県を訪れた向井理も「焼肉を食べましたが、おいしかったですね」と改めて感心するほどだ。

ロケ中にはスタッフ・キャストともにお酒を楽しむ機会も多かったようで、監督を務めた廣木隆一は、「最初はスタッフとワイワイ飲んでいたら、そのうち榮倉とか豊川さんとかキャストもどんどん集まってきて。学生の部屋飲みのノリでしたね。反省会じゃなくて、他愛もない話をしていました。それでスタッフやキャストの団結力が生まれたと思います」と当時をふり返る様からは、チームとして息の合った現場の雰囲気が伺える。

また、好評だったのは名産物だけでなく、多数の現場を経験しているベテラン俳優・豊川さんが「スタジオで組むセットとは違って、風が吹いたり天気が変わったり、僕はロケーションが大好きなんですが、今回は古民家も含めて、すごく良かったです」と伊賀市の自然を絶賛! 

本作を鑑賞した鈴木英敬三重県知事からも「この映画は、伊賀市や南伊勢町など三重県内を中心にロケが行われました。劇場では、スクリーンに映し出される三重の情景の素晴らしさも、ぜひ楽しんでください」というコメントが到着。つぐみと海江田が織りなす恋愛模様以外にも、見どころ満点の作品と言えそうだ。

『娚の一生』は全国にて公開中。

向井理、榮倉奈々より伊賀牛にメロメロ!? 三重県ロケを満喫『娚の一生』

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top