省エネと長時間点灯を両立したセンサ調光型ソーラーLED照明が登場 | RBB TODAY

省エネと長時間点灯を両立したセンサ調光型ソーラーLED照明が登場

ブロードバンド セキュリティ

バッテリー残量に応じて検知時の点灯照度を自動制御。朝まで点灯モードの場合、無日照で点灯可能なのは5日間《撮影:編集部》
  • バッテリー残量に応じて検知時の点灯照度を自動制御。朝まで点灯モードの場合、無日照で点灯可能なのは5日間《撮影:編集部》
  • センサ調光で消費電力削減とバッテリー小型化を実現。1/2分割型自立ポール以外に、既設ポールや壁面などへの後付設置も可能《撮影:編集部》
 土井製作所は、5・6日にパシフィコ横浜で開催された「第19回 震災対策技術展 横浜」にて、センサ調光型のソーラーLED照明「DSAP-1型」を展示した。

 人感センサの検知エリアは高さ2.5~4.5mで15×15mと業界最大クラス。人を検知した時のみ100%点灯する「センサライトモード」、検知時は70%で点灯し再び5%に戻る「朝まで点灯モード」など4つの動作モードを選択できる。点灯時間は3秒/10秒から選択。

 照明本体とソーラーユニットは一体取付のほか、最大15mまで延長可能なケーブルを用いた分離取付が可能なので、ソーラーパネルだけ日当たりのいい場所に設置することもできる。専用のポールだけでなく既設のポールや壁面への設置も可能だ。

 想定される導入例は社員駐車場への設置など。社員には一般的な照明、部外者には防犯対策として利用できる上、AC電源の照明器具に比べると大幅なコスト削減になる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top