不審なIPアドレスを検知する「Capyリアルタイムブラックリスト」の提供開始 | RBB TODAY

不審なIPアドレスを検知する「Capyリアルタイムブラックリスト」の提供開始

エンタープライズ セキュリティ

「Capyリアルタイムブラックリスト」は検知した攻撃者情報をもとに「ブラックリスト」をリアルタイムで更新することで不審なIPアドレスを検知する(画像はプレスリリースより)
  • 「Capyリアルタイムブラックリスト」は検知した攻撃者情報をもとに「ブラックリスト」をリアルタイムで更新することで不審なIPアドレスを検知する(画像はプレスリリースより)
  • Capyは「Capyパズルキャプチャ」「Capyリスクベース認証」など“簡単導入”をコンセプトにした不正ログイン対策ツールをラインナップしている(画像はプレスリリースより)
 Capyは2日、不正ログインをはじめとするサイバー攻撃への対策精度をさらに向上させる最新機能「Capyリアルタイムブラックリスト」の提供を開始した。

 同社が提供している「Capyキャプチャ」は、ログイン時の認証をパズルやイラスト等をドラッグすることによって、スパムボットなどのパスワードリスト攻撃を防ぐ認証システム。新機能「Capyリアルタイムブラックリスト」では、最新のWebサイトに対する攻撃情報やブラックIPリスト等をデータベース化して共有。高頻度でアップデートすることで不正ログイン検知の精度を向上させている。

 また、API経由で簡単にアクセスでき、複雑な実装やメンテナンスは一切不要な点が特徴だ。料金はサービスの表示回数に応じた個別見積もりとなり、30日間の無料トライアルなども提供している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top