大規模イベント開催時に被害を未然に防ぐ雷検知システム「THUNDER SAFETY」 | RBB TODAY

大規模イベント開催時に被害を未然に防ぐ雷検知システム「THUNDER SAFETY」

エンタープライズ セキュリティ

Webブラウザでリアルタイムに状況を確認でき、過去の履歴も表示することができる。利用形態はシステム自体の販売だけでなく、レンタルも可能となっている《撮影:編集部》
  • Webブラウザでリアルタイムに状況を確認でき、過去の履歴も表示することができる。利用形態はシステム自体の販売だけでなく、レンタルも可能となっている《撮影:編集部》
  • 短期間だけ借りることもできるため、屋外型イベントなどで特定の期間だけ利用したいという場合でも、安価に導入できる(画像はイメージです/撮影:編集部)
 気象庁発表の予報とは異なり、自社で設置した雷放電受信アンテナを利用した雷探知システムが城山の「THUNDER SAFETY」だ。本展示は、1月21日から23日にかけて、パシフィコ横浜で開催されたショッピングセンター(SC)業界向けの商談展示会「SCビジネスフェア」で行われた。

 会場では関東近辺のリアルタイム状況や、過去の検知状況を表示。落雷の履歴ではなく空間の放電状況を検知して、リアルタイムに把握できるため、雷への事前予測として活用できる点が大きなポイントだ。雷雲が近づいてきた際にパトライトや放送設備に警報を出すオプションなども用意している。

 想定ユーザーは空港や工場、公園やゴルフ場などの施設での常時運用や、屋外イベント等での短期利用など。すでに東京国体での使用や、全国250箇所を超えるゴルフ場で導入実績がある。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top