47都道府県主要駅に、47種の『ONE PIECE』キャラクターが登場! | RBB TODAY

47都道府県主要駅に、47種の『ONE PIECE』キャラクターが登場!

エンタメ 音楽

千葉県(サンジ)
  • 千葉県(サンジ)
  • 富山県(チョッパー)
  • 山口県(ウソップ)
  • 大阪府(ロー)
  • 佐賀県(ドフラミンゴ)
 人気少年漫画『ONE PIECE』のキャラクターが、日本全国47都道府県の駅にポスターとして登場する。「ニッポン縦断!OPJ47クルーズ」キャンペーンの一環としてキャラクターCDの発売に伴うもの。

 『ONE PIECE』は尾田栄一郎の原作で、テレビアニメ・映画・ゲームなどさまざまな展開を見せ、また海外でも人気を得ている漫画作品。この漫画に出てくる47組のキャラクターが、音楽にのって日本全国を駆け巡るというコンセプトのもと制作された「キャラクターCD」が先月発売となり、その各キャラクターポスターが、47都道府県主要駅に掲出される。

 このCDでは、都道府県毎にキャラクターが決まっており、名所・名産も織り交ぜたご当地感のあふれる楽曲を、各キャラクターが歌唱・朗読している。また、各ジャケットも、このために描きおろしされたイラストで、やはりその土地の名産や建造物等が登場するデザイン。キャラクターの例を挙げると、千葉県は「サンジ」、富山県は、「トニートニー・チョッパー」、大阪府は「トラファルガー・ロー」、香川県は「ウソップ」、佐賀県は「ドンキホーテ・ドフラミンゴ」というように配されている形だ。

 なお、現在発売中の47枚には、『ONE PIECE』の主人公・ルフィの姿がないが、これは、「船長ルフィの名のもとに、47のキャラクターから好きな8人を選び、自分だけの音楽海賊団を結成する」いう“自分だけの音楽海賊団を結成しよう!”キャンペーンのため。このキャンペーンに応募すると、船長ルフィのオリジナル・キャラクターCDがプレゼントされる企画も用意されている。

 『ONE PIECE』キャラクターの全国主要駅ポスター掲出は、2月2日から開始される。ただし、一部地域では2月3日からの展開となる。
《》

関連ニュース

特集

page top