大京がマンションの空き室を利用したレンタル事業を開始 | RBB TODAY

大京がマンションの空き室を利用したレンタル事業を開始

エンタープライズ セキュリティ

同社の「リ・モデル事業」は空き家ビジネス以外にも、高齢化対策事業や建物の老朽化対策事業などの展開も予定している(画像はプレスリリースより)
  • 同社の「リ・モデル事業」は空き家ビジネス以外にも、高齢化対策事業や建物の老朽化対策事業などの展開も予定している(画像はプレスリリースより)
  • 日本屈指の観光地・沖縄ということもあり、ホテルや別荘の代わりに長期滞在を考えている利用者にはうってつけだ(画像はイメージです)
 大京は27日、「リ・モデル(再生)」分野の新規事業として、マンションの空き室を利用した「大京バケーションレンタル事業」を3月より沖縄で開始することを発表した。同グループが受託管理しているマンションの空室を、ホテルのような形態で賃貸する。

 沖縄では同グループが受託管理するマンションが6,000戸と多く、国家戦略特区の対象区域であることもあり、今後さらにマンションの空室を利用しやすい仕組みが整うことが予想されている。

 将来的にはホテルライクな家具の設置やリフォーム工事、滞在時のリゾート関連サービスでの他社との連携なども視野に入れているという。同社は2020年までに売上20億円を目指し、主に三大都市圏で積極展開していく予定だ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top