警察庁、振込詐欺への関与が予想される要注意住所を公開 | RBB TODAY

警察庁、振込詐欺への関与が予想される要注意住所を公開

ブロードバンド セキュリティ

この手の特殊な詐欺の対策は進んではいるものの、日々巧妙化しているだけに常に最新の情報を入手しておきたい(画像は警察庁発表の資料より)
  • この手の特殊な詐欺の対策は進んではいるものの、日々巧妙化しているだけに常に最新の情報を入手しておきたい(画像は警察庁発表の資料より)
  • 警察庁の公式Webサイトでは、定期的に各種統計や防犯に有益な情報が開示されている。一般の人でも閲覧が可能だ(画像は公式Webサイトより)
 警察庁は2014年末に、詐欺事件への関与が疑われる住所一覧を公開した。

 現金書留のみならず、送金記録が残らないレターパックや宅配便などで現金を送るよう指示されるケースが多発しているため、住所を公開することで送金を抑止する狙いだ。

 公開された住所は、2014年12月25日時点のもの。東京都内を中心に、過去に詐欺事件に使用された住所が60ヶ所以上記載されている。

 警察庁では該当住所ならびに同様の詐欺事例に関する情報提供を呼びかけている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top