大島優子6年ぶり主演映画! “ロマンスカーのアテンダント”に | RBB TODAY

大島優子6年ぶり主演映画! “ロマンスカーのアテンダント”に

エンタメ 映画・ドラマ

大島優子/映画『ロマンス』-(C) 2015 東映ビデオ
  • 大島優子/映画『ロマンス』-(C) 2015 東映ビデオ
  • 大島優子/映画『ロマンス』-(C) 2015 東映ビデオ
『紙の月』で第39回報知映画賞、そして第38回日本アカデミー賞で優秀助演女優賞を受賞した大島優子を主演に迎え、『百万円と苦虫女』『四十九日のレシピ』を手がけたタナダユキが7年ぶりのオリジナル脚本に挑戦した『ロマンス』が今秋公開することが決定した。

北條鉢子、26歳。職業、ロマンスカーのアテンダント。仕事の成績は常にトップ。今日も、つつがなく業務をこなし、新宿-箱根間を往復して東京に戻ってくるはずだった。あの男に出会うまでは…。箱根の景勝地を舞台に繰り広げられるロードムービー。

「AKB48」卒業後初の主演作となる大島さんは、ロマンスカーで車内販売を行うアテンダントを好演。小田急電鉄新宿駅を起点に箱根へと向かい、ひょんなことから“怪しい映画プロデューサー”との箱根珍道中へと巻き込まれていく…という役どころだ。共演者に映画プロデューサーに扮する大倉孝二を始め、野嵜好美、窪田正孝など個性派俳優が集結している。

大島さんは今回のオファーを受けて「主演ということで不安な気持ちになったのですが、監督がタナダさんと聞き、一気に喜びに変わり、楽しみな気持ちが日増しに大きくなりました」とコメント。

ロマンスカーのアテンダントについては「何度も練習をしたのですが、とても難しく、実際に動く電車の中で実演できるのか不安でした。本番は手が震えるほど緊張しましたが、何とかOKを出してもらえたので良かったです。初めての役だったので、とても良い経験になりました」と撮影時をふり返る。

また、撮影を終えて「こんな穏やかな気持ちで撮影を終えられた作品は初めてでした。それは、タナダ監督、スタッフの方を信じていたからだと思います。撮影を終えたいまでも鉢子を愛おしく感じています。みなさんにも“なぜだか愛おしい”と思ってもらえる映画になれば嬉しいです」と語った。

大島さんにとって6年ぶりの実写主演映画となる本作。女優として活躍の場を広げる彼女の渾身作に注目が集まりそうだ。

『ロマンス』は2015年秋、全国にて公開。

大島優子6年ぶり主演映画! 職業“ロマンスカーのアテンダント”

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top