セコムが日本初となる民間防犯用飛行船を開発中~2016年実用化へ | RBB TODAY

セコムが日本初となる民間防犯用飛行船を開発中~2016年実用化へ

エンタープライズ セキュリティ

地上約100mの高さで長時間滞空し、24時間365日のオペレーション体制を活かして各種監視活動が可能となる(画像は同社公開のイメージ)。
  • 地上約100mの高さで長時間滞空し、24時間365日のオペレーション体制を活かして各種監視活動が可能となる(画像は同社公開のイメージ)。
  • 飛行船の基本的な仕様。大規模なイベントを開催する競技場や広大な敷地におけるセキュリティ強化などに対応する(画像は同社リリースより)。
 12月24日、セコムは民間防犯用としては初となる自律型飛行船「セコム飛行船」の試作機を開発したことを発表した。広域エリアの防犯対策用として2016年中の実用化を目指している。

 この飛行船には複数台の高精細カメラ、熱画像カメラ(サーマルビジョン)、指向性スピーカー、集音マイク、サーチライトなどを搭載し、広域を詳細に監視することが可能となっている。また、飛行船および連携する小型飛行監視ロボット、地上に設置された防犯センサーなどと組み合わせたデータを集中監視して、全国にある緊急発進拠点から対応を行う。

 飛行速度が遅く長時間滞空できる飛行船を利用したことにより、上空から広いエリアに渡る人や車の混雑状況・災害時の被災状況などをリアルタイムで収集できる。防犯だけでなく防災対応などでの活用も見込まれる。

 飛行船は無人の自律運用型、全長15m、最大速度時速50km、航続時間は2時間となっている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top