泉谷しげる、“サプライズ”あつかいに怒り! 「1年も前にオファー受けたじゃねーか!」 | RBB TODAY

泉谷しげる、“サプライズ”あつかいに怒り! 「1年も前にオファー受けたじゃねーか!」

エンタメ ブログ

泉谷しげるのブログ
  • 泉谷しげるのブログ
 シンガーソングライターの泉谷しげるが9日、自身のブログを更新し、8日開催された政府主催の「拉致問題啓発コンサート」への出演が「サプライズ」あつかいだったことに吠えた。

 泉谷が出演したコンサートは「北朝鮮人権問題啓発週間」(10~16日)にちなんで政府主催で東京・渋谷のオーチャードホールで8日に行われ、総合司会を歌手で作曲家の宇崎竜童、作詞家の阿木耀子夫妻が務めた。

 泉谷はサプライズゲストとして出演したが、そのことについてブログで「なにがサプライズだよ!(笑)」と吠え、「宇崎竜童から1年も前からオファー受けてンじゃねーかよぉ!」と舞台裏を暴露。1年も前から出演の打診があったにも関わらず、「なのに出演者パンフにも名前ねーし!」と噛みついた。

 しかし、泉谷は「政治的なカラミしたかねンで記者会見等には出席しない」(原文のまま)と事前に申し出ていたといい、それが主催者側の配慮で表に名前が出なかったようだ。それについて「名前出すな!とは云ってねー!」とむくれ、「まったく~1年もかけた打ち合わせ乱入ナンぞ聞いたことねぇ(笑)」(原文のまま)と過度の配慮に苦笑い。

 そんな泉谷はステージで政府の拉致担当者に向かって“八つ当たり”。「政府のヤルこたぁあんなもンだろ~ガッカリさせやがって!」と叫び、さらには山谷えり子拉致担当相に向かって「お前の高い声がキライだ!」と“泉谷節”全開で吠えまくったことを明かした。

 もっとも総合プロデューサーで俳優の津川雅彦、総合司会の宇崎夫妻、そしてコンサート自体については、「ナンとも難しい拉致問題と音楽エンターテイメントを見事に融合させたチカラは大したこと!とても良いコンサートだったと思うゾ」と高く評価した。
《花》

関連ニュース

特集

page top