“時間”を貯めて使えるポイントアプリ「TIME Wallet」が実証実験を開始 | RBB TODAY

“時間”を貯めて使えるポイントアプリ「TIME Wallet」が実証実験を開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「TIME Wallet」の概要
  • 「TIME Wallet」の概要
  • 「TIME Wallet」アプリアイコン
  • 「TIME Wallet」アプリ画面
  • 「TIME Wallet」ロゴ
 H2Hは9日、“時間を貯める使える”スマートフォンアプリケーション「TIME Wallet」を発表した。12月中旬より実証実験のための提供を開始する。

 「TIME Wallet」は、交通機関や店舗、施設での移動時間や待ち時間などの滞在時間を貯め、異なるサービスの“時間”として利用できるポイントサービス。スマートフォンと専用アプリ、店舗等に設置したBLE(Bluetooth Low Energy)搭載のBeaconを利用する。なおBeaconを利用し「時間」単位にした共通ポイントサービスは全国初とのこと。

 店舗等に設置されたBeacon電波を利用者のスマートフォンが検知し、チェックイン(入場)・チェックアウト(退場)の時間差を計算し、時間を貯めることが可能。貯めた時間を使いたい利用者は、スマートフォンの専用アプリケーション内に掲載されているタイムクーポンへ時間を交換することで、さまざまなサービスを楽しむことができる。

 実証実験には、Any+Times(生活密着型シェアリングエコノミーサービス)、U-NEXT(動画視聴サービス)、グリーンキャブ(タクシー)、コインスペース(時間制多目的スペース)、サアラ軽井沢リゾートブライダル&ホテル(宿泊施設)、ゆうらいふ志摩(宿泊施設)、イーライン(広告事業所)が参加の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top