東京都瑞穂町が町内39か所に防犯カメラを設置 | RBB TODAY

東京都瑞穂町が町内39か所に防犯カメラを設置

ブロードバンド セキュリティ

画像は警視庁のwebで公開されている瑞穂町の防犯施策取組状況。今回新たな補正予算を計上し、「子どもの安全確保」として防犯カメラの台数を大幅に増加した。
  • 画像は警視庁のwebで公開されている瑞穂町の防犯施策取組状況。今回新たな補正予算を計上し、「子どもの安全確保」として防犯カメラの台数を大幅に増加した。
 12月5日、東京都瑞穂町は町内の39か所に防犯カメラを設置することを発表した。設置場所は通学路を中心としたもので、予定された台数すべての設置を今年度中に行う。

 防犯カメラ増強の背景には、今年7月以降に同町及び隣接する羽村市において、小中学生の少女が不審人物に狙われる事件が相次いでいるという事情がある。街頭防犯カメラはすでに何台か稼働しているが、特に通学路での防犯態勢を強化する狙いだ。カメラ設置以外にも防犯ブザーの配布や見回り体制の強化なども事業取組の内容として挙げられている。

 なお、通学路の安全確保には、東京都の補助金制度(都通学路防犯設備整備補助金)の適用が見込まれる。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top