J:COM、マンション向けエネルギー管理支援サービス「エコレポ」来春より提供開始 | RBB TODAY

J:COM、マンション向けエネルギー管理支援サービス「エコレポ」来春より提供開始

ブロードバンド その他

電力使用量画面(サンプル)
  • 電力使用量画面(サンプル)
  • 「エコレポ」トップ画面(サンプル)
 ジュピターテレコム(J:COM)は4日、マンション向けエネルギー管理支援サービス(MEMS)「エコレポ」を、2015年2月より提供することを発表した。

 「エコレポ」は、マンションの電力の見える化、ECHONET Liteによる家電制御や節電コンテンツ等を提供するサービス。パソコン・タブレット・スマートフォン、STB(セット・トップ・ボックス)で“電力の見える化”表示を行うことができる。あわせて、タブレット向け情報提供サービス「くらしのナビゲーション」でもエコレポの提供を行う。スマートマンション評価制度の評価項目の1つである「独自料金」にも対応する。

 節電ポイントなどの具体的な内容は今後検討し、2015年2月以降順次、スマートマンション導入加速化推進事業補助金の交付決定を受けたマンションに対して提供する。

 J:COMでは2012年12月から、集合住宅向けに電力提供サービス「J:COM電力」を開始、2013年8月には電力一括受電事業を手がけるアイピー・パワーシステムズ(IPPS)を子会社化している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top