iPhoneがナイトビジョンに? 暗所撮影対応ケースが発売されるかも! | RBB TODAY

iPhoneがナイトビジョンに? 暗所撮影対応ケースが発売されるかも!

エンタープライズ セキュリティ

ケースだけあって基本的にiPhone6/6 Plusのサイズ(厚さは未発表)。定価は249USドルになる予定(画像はkickstarterより)。
  • ケースだけあって基本的にiPhone6/6 Plusのサイズ(厚さは未発表)。定価は249USドルになる予定(画像はkickstarterより)。
  • 専用アプリも用意される予定とのこと。肉眼では見えない真っ暗な場所でも鮮明に撮影可能(画像はkickstarterより)。
 iPhoneに搭載されているカメラは非常に優秀なのは皆さんご存じだろう。そんなiPhoneのカメラ機能をグレードアップできるバッテリーケースがクラウドファンディングのkickstarterで公開・募集されている。企画者はMSM Labs。

 名称は「NVC」で「Night Vision camera」の略。文字通り暗所撮影機能がついたiPhone6/6 Plus用のナイトビジョンケースだ。

 夜間や暗所の撮影は、通常のカメラではほぼ不可能。赤外線投光器(赤外線LEDなど)と赤外線に対応した画像センサーを搭載した専用のカメラが必要だった。そこでこのNVCには赤外線LED(940nm)を8発、円形に搭載。その中央には専用のレンズ+画像センサー(5メガピクセル)がある。iPhone本体はケースにスライドさせて差し込みLightning端子で接続する。ケースにはリチウムポリマーバッテリーを内蔵しておりiPhone本体への充電も可能。microSDカードスロットも搭載し、撮影画像や動画を記録することもできる。

 撮影された画像はグリーンのモノクロで、映画などでよく見る軍用ナイトビジョンの雰囲気がある。可視光線とはコントラストが異なるが、30フィート(約9.15m)まで鮮明に照らして撮影できるとのこと。興味深いガジェットというだけでなく、セキュリティ用途にも応用できそうだ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top