お手軽設置のセンサー式防犯デバイス「Point」が登場 | RBB TODAY

お手軽設置のセンサー式防犯デバイス「Point」が登場

エンタープライズ セキュリティ

本体はWiFi接続なので無線環境が必要。防犯以外にも家族やペットの在室状況、空調管理などが手軽にできる(写真はKickstarterより)。
  • 本体はWiFi接続なので無線環境が必要。防犯以外にも家族やペットの在室状況、空調管理などが手軽にできる(写真はKickstarterより)。
  • スマホ用の専用アプリも用意。各センサーがキャッチした情報を時系列に沿って確認できるようになる(写真はKickstarterより)。
 ホームセキュリティのデバイスといえば防犯カメラが定番だが、新たなアプローチとして音や温度、湿度といった複数のセンサーからの情報を通知する「Point」が注目されている。

 電池駆動で約1年動作。自室に設置すれば不審な物音や温度、煙草の煙などの情報をスマートフォンに通知してくれる仕組みだ。また、専用アプリを使えばタイムライン表示などで、部屋の状況変化を好きなタイミングで確認することができる。これ自体の発報機能よりも手元への通知を重視した仕様といえる。

 クラウドファンディングのKickstarterで公開・募集され、早期購入価格は一台79ドルの設定。12月5日まで受け付けているが、すでに目標金額を大幅に上回る資金調達を達成している話題のデバイスだ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top