無料POSレジアプリ「Airレジ」と「弥生」が連携……データを自動取り込み | RBB TODAY

無料POSレジアプリ「Airレジ」と「弥生」が連携……データを自動取り込み

 弥生は14日、同社の業務ソフト「弥生シリーズ」が、リクルートライフスタイルの無料POSレジアプリ「Airレジ」、スタンドファームのクラウド請求書管理サービス「Misoca(みそか)」と連携することを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「Airレジ」サイト
  • 「Airレジ」サイト
  • 「Misoca」サイト
 弥生は14日、同社の業務ソフト「弥生シリーズ」が、リクルートライフスタイルの無料POSレジアプリ「Airレジ」、スタンドファームのクラウド請求書管理サービス「Misoca(みそか)」と連携することを発表した。

 「YAYOI SMART CONNECT(弥生スマートコネクト)」により、外部アプリケ―ション/サービスと連携し、業務データを自動取込・自動仕訳し、弥生製品に反映することが可能だが、今回「YAYOI SMART CONNECT」が両サービスと連携する。

 「Airレジ」は、小売業、飲食業、各種サービス業のレジ業務をスマートフォンやタブレットで行える無料のPOSレジアプリ。「Airレジ」との連携では、「Airレジ」に入力した店舗の売上データを「弥生シリーズ」に自動で取り込めるようになる。さらに、取り込んだデータを自動で仕訳するので、日々の店舗の売上をレシートに打ち出し、会計ソフトに入力し直す負担が大幅に軽減される見込みだ。

 「Misoca」は無料で見積・納品・請求書発行、メール配信や郵送まで自動で行えるクラウドサービス。「Misoca」との連携では、請求データを売掛金として会計データに取り込めるようになる。なお11月26日からの連携開始となる。

 「YAYOI SMART CONNECT」は、現在「やよいの白色申告 オンライン」「やよいの青色申告 オンライン」と連携可能。12月より、デスクトップアプリケーション「弥生15シリーズ」が新たに連携対象製品となり、「弥生会計」や「やよいの青色申告」を利用しているユーザーも「YAYOI SMART CONNECT」の機能が利用できるようになるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top