住友電工が人物のみ動態検出可能な画像監視システム「SMART CHASER」を発売 | RBB TODAY

住友電工が人物のみ動態検出可能な画像監視システム「SMART CHASER」を発売

ブロードバンド 回線・サービス

手軽に設置でき、中小企業や小売店など小規模な環境でも導入が容易(画像は同社webサイトより)。
  • 手軽に設置でき、中小企業や小売店など小規模な環境でも導入が容易(画像は同社webサイトより)。
  • SMART CHASERのWebサイトでは同機の活用事例を多数紹介している(画像は同社webサイトより)。
 住友電気工業は監視カメラ映像から人物などの動体検知を正確に行うことができる画像監視システム「SMART CHASER」を発売する。従来の動態検出は誤認識が少なくなかったが、このモデルは人物に特化した検出を高精度に行えるだけでなく、ネットワークカメラにも対応した。

 既存のアナログ監視カメラと録画装置の間に設置して、監視モニタの映像上に「人物の検出枠」と「移動した軌跡」が表示されるシステムとなってたが、これに加えて2014年11月よりネットワークカメラ対応モデルを販売開始。アナログ対応機とネットワークカメラ対応機は別ラインナップの製品となる。

 人感センサーなど専用の防犯システムを構築する場合と比べると導入にかかるコストが大幅に抑えられるのがポイント。PCからの設定は初回だけ必要で、「滞留」「侵入」「しゃがみ込み」など監視したい動きを設定するだけで動態検出機能を導入できる。

 防犯目的だけでなく、事故防止などさまざまな用途が想定される。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top