USJ来春イベント「エヴァ」「進撃の巨人」アトラクション内容発表 | RBB TODAY

USJ来春イベント「エヴァ」「進撃の巨人」アトラクション内容発表

エンタメ その他

『ユニバーサル・クールジャパン』4大ブランド
  • 『ユニバーサル・クールジャパン』4大ブランド
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式サイトより
 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)は、来年の新イベント『ユニバーサル・クールジャパン』の新アトラクション構想として、公表されている「バイオハザード」「モンスターハンター」に加え、「エヴァンゲリオン」「進撃の巨人」のイメージも明らかにした。

 USJは、来年の1月から5月にかけて、期間限定の新イベントとして『ユニバーサル・クールジャパン』を開催する。世界的に評価の高い日本のマンガ・アニメ・ゲームなどの優れたエンターテイメントをテーマに、まったく新しいアトラクションをパーク内で実現させるもの。メイン・アトラクションとして、これまで「バイオハザード」と「モンスターハンター」のアトラクション構想は公表されていたが、今回、「エヴァンゲリオン」と「進撃の巨人」のアトラクション・イメージが加わり、『ユニバーサル・クールジャパン』の4大ブランドすべてのアトラクションの概況が明らかになった。

 メイン・アトラクションの構想は以下の4つ。まず、人気の「リアル脱出ゲーム」に「バイオハザード」の世界観を組み込んだ『バイオハザード・ザ・エスケープ』、等身大モンスターに特殊効果を施すという世界初の試み『モンスターハンター・ザ・リアル』、これらはすでに公表済みだった。今回発表されたのは、ハリウッド仕込みの3D映像に爆風・閃光・水しぶき・座席を揺るがす振動などの“4D”特殊演出を加えた『エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』、15m級の「エレン巨人」と14m級の「女型の巨人」を完全再現した『進撃の巨人・ザ・リアル』。『ユニバーサル・クールジャパン』では、これらメイン・アトラクション以外にもさまざまなプロダクトが用意され、今後、詳細が発表される。

 USJ『ユニバーサル・クールジャパン』は、来年1月23日から5月10日の108日間、期間限定で開催される予定となっている。
《》

関連ニュース

特集

page top