映画「近キョリ恋愛」、“胸キュン”シーン満載で週末興行収入第1位! | RBB TODAY

映画「近キョリ恋愛」、“胸キュン”シーン満載で週末興行収入第1位!

エンタメ 映画・ドラマ

(c)「近キョリ恋愛」製作委員会 (c)みきもと凜/講談社
  • (c)「近キョリ恋愛」製作委員会 (c)みきもと凜/講談社
  • (c)「近キョリ恋愛」製作委員会 (c)みきもと凜/講談社
10月11日に全国公開した映画『近キョリ恋愛』が好調なスタートを切った。10月13日付け週末興行収入で第1位、動員数で第2位を記録した。本作は、最強のツンデレ教師と超クールな天才女子高生の秘密の恋を描いた話題作である。
公開初週土日の興行収入は1億7874万円、動員は13万5181人、劇場1スクリーンあたりの館アベレージが997.000円という順調な滑り出しを見せた。179館の中規模公開ながら3日間累計ですでに動員18万3876人 興収2億3583万円を記録した。

本映画は、みきもと凜さんが描く同名少女マンガの実写化作品だ。誰もが憧れる史上最強ツンデレ教師・櫻井ハルカを恋愛映画初挑戦の山下智久さんが演じている。原作の中から飛び出してきたような格好良い演技で女性客に好評を得ている。
さらに少女マンガ原作ならではの“胸キュンシーン”も満載だ。「壁ドン」「お姫様抱っこ」「頭ポンポン」「あすなろ抱き」、そして極めつは「教壇の下でのキスシーン」。原作の持ち味を実写化した“ツンデレラブストーリー”となっている。
前半は少女マンガ原作ならではのポップな胸キュンシーンが満載だ。後半に進むにつれ、主人公2人の心情に寄り添いながら大切な人を想う気持ちがやさしく描かれいく。

客層は、少女マンガ原作らしく、小学生から40代までの女性客が多いようだ。また、意外にも男性客の反応も良い。少し恥ずかしくなるくらいの王道ラブストーリーに感銘をうけているようだ。
『好きっていいなよ。』、『ホットロード』に続き、今年は女性向けマンガの実写映画化が好調のようだ。

映画『近キョリ恋愛』
大ヒット公開中!
http://kinkyori-movie.jp/

(c)「近キョリ恋愛」製作委員会 (c)みきもと凜/講談社

「近キョリ恋愛」、“胸キュン”必至で3日間18万人突破 週末興行1位

《沖本茂義》

関連ニュース

特集

page top