アン・ハサウェイ、バッシングの嵐と『レ・ミゼラブル』での危機を語る | RBB TODAY

アン・ハサウェイ、バッシングの嵐と『レ・ミゼラブル』での危機を語る

エンタメ 映画・ドラマ

アン・ハサウェイ/(C) Getty Images
  • アン・ハサウェイ/(C) Getty Images
  • アン・ハサウェイ -(C) Getty Images
  • 第85回アカデミー賞(アン・ハサウェイ) -(C) Getty Images
  • アン・ハサウェイ -(C) Getty Images
  • アン・ハサウェイ-(C) Getty Images
  • 『レ・ミゼラブル』 -(C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
オスカー女優のアン・ハサウェイが、アンチに嫌われた時の辛い経験を語った。

「US Weekly」が明らかにしたところによると、ファッション誌の「ハーパーズ・バザー」11月号(US版)のインタビューにて、アンはバッシングに対し、「まるでお腹を殴られたように感じた」と語ったのだという。

始まりは、アンが映画『レ・ミゼラブル』のファンティーヌ役で2013年のアカデミー賞「助演女優賞」&ゴールデングローブ賞を受賞したことにあった。彼女の受賞スピーチ、ドレス、振る舞いまで全てが批判の対象となり、「頑張りすぎの自意識過剰な女優」という、およそ今までのキャリア歴では考えられないような悪評が蔓延した。

アンは初めてそのようなバッシングを受けた時、「お腹を殴られたように」そして「平手打ちをされたように」感じたようで、「ショックで恥ずかしかった」と語っている。そして「今でもその恥を感じている」といい、「(酷い)扱いを受けたけれど、それによって成長することが出来たの。あの出来事の全てが、私をより愛情ある優しい人間に変えてくれたわ。自分を哀れんだりはしない」。

また彼女は当時の心の状態の原因として、約11キロも減量して挑んだ『レ・ミゼラブル』での役作りが関係しているのではないかと話している。

「『レ・ミゼラブル』の時は自分の健康を害していたわ。だけど同情を誘っているとは思われたくなかったから言わなかったの」と、アンは語る。「危機の中に居たわ。今なら大丈夫。本当に、大丈夫よ。今なら跳ね除けることが出来るけれど、あの時はまだ自分の一部が“フォンティーヌ”だったの。被害者であることに同化していたのよ」と大きく役柄に引きずられていたことを明かしている。

どんなに好感度の高いセレブでも、多かれ少なかれバッシングを経験するものだ。一連のバッシングを経て、女優アン・ハサウェイのさらなる飛躍に注目したい。

アン・ハサウェイ、度重なるバッシング…胸中を明かす「危機の中にいた」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top