ディカプリオ製作映画にベン・アフレック&ジャスティン・ティンバーレイクが共演 | RBB TODAY

ディカプリオ製作映画にベン・アフレック&ジャスティン・ティンバーレイクが共演

エンタメ 映画・ドラマ

『ランナーランナー』/(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
  • 『ランナーランナー』/(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
  • 『ランナーランナー』/(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
  • 『ランナーランナー』/(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
  • 『ランナーランナー』/(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
  • 『ランナーランナー』/(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
  • 『ランナーランナー』/(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
デヴィッド・フィンチャー監督最新作『ゴーン・ガール』で主演を務めるベン・アフレックと、故マイケル・ジャクソンとのコラボレーション楽曲が話題となり、約7年ぶりの新アルバム「The 20/20 Experience」が全世界で600万枚を売り上げたジャスティン・ティンバーレイク。このタイムリーな2人が初共演を果たした『ランナーランナー』から、2人がお互いの印象を語るコメントがひと足早くシネマカフェに到着した。

プリンストン大学に在学する天才学生リッチー(ジャスティン・ティンバーレイク)は、貴重な学費をオンライン・カジノのポーカーで“スッて”しまう。だが、ネットカジノのペテンに気づいた彼は、カジノサイトのオーナー(ベン・アフレック)のもとへ談判に乗り込んでいくが、そこで待ち構えていたのは、自分の命を賭けることになる一世一代の大博打だった…。

カジノ王と天才学生が知的で大胆な駆け引きを繰り広げるスリリングな本作は、アメリカの大手オンラインポーカーサイト「アルティメットベット」で実際に起きた詐欺トラブルから着想を得て、レオナルド・ディカプリオが製作、『リンカーン弁護士』のブラッド・ファーマン監督により映画化。経営関係者の内部告発、さらにはFBIによる報道規制もうわさされた、まさに“映画のような”事件だ。

そんな本作で、カジノ王、そしてFBIと命を賭けた勝負に挑む学生リッチーを演じたジャスティンは、「ベン(・アフレック)と共演するときはいつも緊張するけど、こうして共演者から刺激を受けて多くを学べるのは本当に光栄なこと」と、いまやハリウッドきっての実力派俳優にして、『アルゴ』でオスカーを手にした監督でもあるベンとの共演をふり返る。

また、裏社会のカジノ王を演じたベンは、「彼(ジャスティン・ティンバーレイク)は常にリスクに挑み続け、人々の予想を裏切り続けている。そしてその全てにおいて結果として成功を手にしていると思う」と語り、最近、俳優活動や音楽活動のほかに、自身プロデュースのファッションブランドやレストラン経営などでも成功を収めているジャスティンに拍手を送っている。

タイトルの『ランナーランナー』とは、ポーカー用語で「ラスト2枚のカードで大逆転する」という意味。秋の臨時国会で「カジノ法案」審議の最中に劇場公開を迎えることになる本作は、この2人の大逆転を賭けた騙し合いに目が離せなくなりそうだ。

『ランナーランナー』は11月21日 (金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。

ベン・アフレック&ジャスティン・ティンバーレイク、最旬の2人が互いを語る『ランナーランナー』

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top