観月ありさ、12年ぶり「ナースのお仕事」でナース服姿に感激 「あー、これこれ!」 | RBB TODAY

観月ありさ、12年ぶり「ナースのお仕事」でナース服姿に感激 「あー、これこれ!」

エンタメ 映画・ドラマ

12年ぶりの「ナースのお仕事」でコンビ復活の松下由樹(左)と観月ありさ
  • 12年ぶりの「ナースのお仕事」でコンビ復活の松下由樹(左)と観月ありさ
  • 「ナースのお仕事」
  • 「ナースのお仕事」
  • 「ナースのお仕事」
  • 「ナースのお仕事」
 1996年にテレビ放送され映画化もされたフジテレビ系「ナースのお仕事」が2夜連続ドラマとして12年ぶりに復活することがわかった。主人公の朝倉いずみ役の観月ありさと尾崎翔子役の松下由樹コンビほか、連続ドラマ時のキャストが集結する。

 同作は新人ナースの朝倉いずみが先輩ナース・尾崎翔子から時に厳しく、時に温かく指導されながら一人前の看護師になるまでの成長を描いたドラマ。いずみの突き抜けた明るさとちょっぴりドジな性格が、周りの人たちを巻き込んだてんやわんやの大騒動につながっていく徹底的にコメディーにこだわったドラマとして人気を博した。その一方で、看護師という職業の魅力や命を預かる責任の重さも正面から扱った人間ドラマとなっている。

 今回のドラマでもいずみと翔子のコミカルな掛け合いは健在。またいずみの夫・高杉健太郎役に藤木直人、水島龍太郎役に岡田浩暉、永島淳平役に益岡徹、大島冴子役に伊藤かずえ、浜野雄一役に石原良純、根本雅子役に吉行和子、という連続ドラマ時のキャストが大集結。そんな面々が繰り広げる今回の見どころは、なんとストーリーも登場人物も「相変わらず」なこと。滑稽な要素を盛り込んだおなじみのストーリー展開で、おなじみの世界観、おなじみのキャラクターの面白さが展開される。

 第一夜「離島編」の舞台は、連続ドラマパート4の最後でいずみが健太郎と共に開業した高杉診療所がある、今は亡き健太郎の母の故郷・式根島。島民たちから慕われ幸せに暮らすいずみの元へ、若葉会総合病院第一病棟師長である翔子が休暇で遊びにやってくるが、台風が近づく島では大騒動が起きてしまう。

 第二夜「再会編」の舞台は翔子が働く若葉会総合病院。看護師の応援として入ることになったいずみは、懐かしい先輩である大島や根本と顔を合わせることに。同じタイミングで入った第一外科の医師・溝口榮太郎(要潤)が、担当する女性患者と過去に何かあったらしいことを突き止めたいずみと翔子は、彼の決断のために一芝居打つことにするが……。

 今回のドラマ復活に、主演の観月は、「12年ぶりということで、最初は“朝倉いずみに戻れるかな”と心配しましたが、撮影に入るとすぐにぱっと朝倉いずみに戻れました。ナース服に袖を通したときは、“あー、これこれ!”と昔の記憶が呼び戻されて、久しぶりの友人と対面するような、うれしい感覚がありました」とコメント。松下は「ありさちゃんと実際にお芝居してセリフを合わせるとすんなり当時の感覚になりました。ナース服を久しぶりに着ても、日常な感じがしてすぐになじみました」とコメントしている。

 放送日時は第一夜が10月31日午後9時~10時52分、第二夜は11月1日午後9時~11時10分。
《花》

関連ニュース

特集

page top