アマゾン、販売者向け新広告「Amazonスポンサー プロダクト」提供開始 | RBB TODAY

アマゾン、販売者向け新広告「Amazonスポンサー プロダクト」提供開始

 Amazon.co.jp(アマゾン)は9日、Amazonマーケットプレイスで出品している販売事業者向けの新しい広告サービス「Amazonスポンサープロダクト」を発表した。大口出品サービスに登録している法人販売事業者を対象に、9月下旬より提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「Amazonスポンサープロダクト」検索結果ページイメージ
  • 「Amazonスポンサープロダクト」検索結果ページイメージ
 Amazon.co.jp(アマゾン)は9日、Amazonマーケットプレイスで出品している販売事業者向けの新しい広告サービス「Amazonスポンサープロダクト」を発表した。大口出品サービスに登録している法人販売事業者を対象に、9月下旬より提供を開始する。

 「Amazonスポンサープロダクト」は、Amazonの検索結果ページなどに広告として商品を掲載することのできる、キーワード広告(クリック課金型)。出品管理ツール「セラーセントラル」上で、「商品の選択」「キーワードの選択」「入札額の設定」「予算の設定」の4つを行うだけで、利用開始できる。これにより、販売事業者は、出品中の商品を検索結果の上位ページへ広告掲載することが可能となる。どの広告がクリックされ売上に貢献したかを確認できる、広告の効果測定ツールも無償提供される。

 広告掲載したい商品の選択、予算の設定だけで、自動的に適切な検索キーワードに対して広告を掲載する「オートターゲティング」が特徴。不慣れなユーザーでも、適切なキーワードに対しタイムリーに広告を掲載できるとのこと。クリック課金型のため、顧客が広告をクリックした場合のみ料金が発生する。価格は1クリック2円からのオークション形式。

 サービスの受付開始については、出品管理ツール「セラーセントラル」上で、販売事業者に告知の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top