大島優子、「吉田監督は繊細でズルい男性」……映画「紙の月」完成会見 | RBB TODAY

大島優子、「吉田監督は繊細でズルい男性」……映画「紙の月」完成会見

 11月15日に公開予定となった映画「紙の月」は、7年ぶりの映画主演となる宮沢りえをはじめキャストも特徴的だ。原作は角田光代だが、監督の吉田大八は映画オリジナルのキャストを加えている。

エンタメ 映画・ドラマ
主人公の同僚を演じた大島優子
  • 主人公の同僚を演じた大島優子
  • 大島優子、宮沢りえ、小林聡美
  • 吉田大八監督
  • 大島優子
 11月15日に公開予定となった映画「紙の月」は、7年ぶりの映画主演となる宮沢りえをはじめ登場人物も特徴的だ。原作は角田光代だが、監督の吉田大八は映画オリジナルの人物を加えている。

 その一人が大島優子演じる銀行の窓口係の相川恵子。大学生・平林光太と出会うなかで顧客の預金に手をつけていく梅澤梨花(宮沢りえ)の同僚だ。「梅澤梨花をどのように左右していくかを見てほしい」と大島が話すように、少なからず影響を与える存在でもある。

 そんな大島は、今回の映画出演でベテランの女優二人の演技を見て「監督の的確なコメントを聞いて体のなかに入れて、ちょっと噛み砕いてテイクでやるっていうのを見ていると、大先輩でも自分のなかで考えて演技を調理しているんだなとわかり、いい経験になりました。光栄でした」と振り返った。

 また、監督については「本当に繊細です。目線ひとつ、手の高さ、背筋にしても、ひとつひとつ伝えに来てくださる」「一対一でコミュニケーションしいると、すっと監督の言葉が耳に入ってきて心のなかに落ちる。その加減を意図してやってるのか、本能的にやってるのか、ズルい男性だなと思います」「映画をみると繊細さがわかると思います」と話した。

 吉田監督は、今回のキャスティングについて「原作を読んで、世の中に対して牙をむいているというか挑戦している作品だなと思いました。その読後感を映画で表現しようと思ったときに、映画にも挑戦する姿勢をみせなきゃ失礼だなと思って、小説にはいない登場人物を出した」と説明した。また「宮沢さんと小林さんがいて、そこに大島さんまでいるっているこの感じはほめてほしい。これが実現しただけでも相当な部分仕事は終わったという自己満足です」と話した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top