複数クラウドを安全に利用可能な「KDDI Business ID」 | RBB TODAY

複数クラウドを安全に利用可能な「KDDI Business ID」

エンタープライズ セキュリティ

「KDDI Business ID」利用イメージ
  • 「KDDI Business ID」利用イメージ
  • ワンタイムパスワード認証
  • 1つのIDで複数のクラウドサービスを利用
  • 管理画面イメージ(左:「KDDIビジネスオンラインサポート」、右:「KDDI Business ID」)
 KDDIは29日、さまざまなクラウドサービスに1つのIDで安全・簡単にログイン可能なID・認証管理サービス(IDaaS)「KDDI Business ID」を発表した。8月末より法人向けに提供を開始する。

 「KDDI Business ID」は、パソコンやスマートデバイスから、「Google Apps for Business」や「Office 365 with KDDI」などのクラウドサービスを、簡単安全に利用可能とするもの。国内通信事業者が提供するIDaaSとしては初めて、携帯電話への着信とコード入力によってセキュアな認証をする着信認証を採用した。

 クラウドサービスログイン時の多段階認証を、スマートフォンだけでなくフィーチャーフォンからも利用できるのが特長。IDとパスワードの認証に加え、着信認証、ワンタイムパスワード認証、利用デバイス制限、アクセス場所制限が設定できる。

 また本サービスと同一の管理者IDで、au商品などをオンラインで購入できる「KDDI ビジネスオンラインサポート」が利用できる。これにより、au端末の購入から各種クラウドサービスの登録、本サービスの登録・設定まで、1つの管理画面よりワンストップで行える。

 初期費用は無料で、月額料金がサービス利用料150円/ID、着信認証利用料が100円/ID。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top