【Interpets 2014 Vol.30】国際展示場で初開催のInterpets!前年上回る来場者 | RBB TODAY

【Interpets 2014 Vol.30】国際展示場で初開催のInterpets!前年上回る来場者

 本日26日は展示会3日目だが、土日で一般の参加が可能ということで、会場は予想以上の混雑となった。

エンタメ フォトレポート
週末は混雑していた
  • 週末は混雑していた
  • 会場で犬に愛想を振りまく犬の着ぐるみ
  • 【Interpets 2014 Vol.30】国際展示場で初開催のInterpets!前年上回る来場者
  • 日清ペットフードのセミナー
  • 日清ペットフードのセミナー
  • 大型犬も随分みかけた
  • 土曜日はものすごい混雑
  • カイ君登場
 27日(日)で閉幕した「Interpets 2014」。ペット関連製品・サービスの展示会としては最大規模のInterpetsは、例年の幕張メッセから国際展示場に会場を移しての開催となった。

 今回は交通の便が良くなったせいか、27,347名(前年比7,018名増)と来場者も昨年より増加した。初日はビジネスデーであったが一般開放日と同様、犬を連れた来場者が多く、週末は混雑状態となった。

 メサゴ・メッセフランクフルト インターペット事務局の柏木氏は「土曜日は約500名、日曜日は約700名の入場待ちのお客様の列ができた」と話す。また出展者に関しては「カーメーカーの増加、ワンニャンハウジングスクエア(インテリア)の充実、トンボなど異業種企業の台頭などで、より幅広い出展者が確保でき、インターペットが本来目指すライフスタイル提案型に更に近づいたように思う。モノを売るよりコトを売る、ということが徐々に浸透してきており、ブランドイメージを打ち出す企業が増えてきたように思う」と回答している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top