仕事の合間に「プファー」……夏限定のオールフリー シトラスクールを体感 | RBB TODAY

仕事の合間に「プファー」……夏限定のオールフリー シトラスクールを体感

エンタメ その他

オールフリー シトラスクール
  • オールフリー シトラスクール
  • オールフリー シトラスクール
  • ひとり乾杯
 サントリー酒類が6月24日から夏限定で売り出した「オールフリー シトラスクール」は、この夏の「自分おつかれ!」にぴったりの“現場不問飲料”だ。

 梅雨のジメジメとした空気のなか、ひとつ大きな仕事の山場を乗り越えた筆者が、「開放感」を求めて新商品「オールフリー シトラスクール」をチェックした。

 サントリー「オールフリー」シリーズは、「粒選り麦芽一番麦汁使用、アロマホップ100%、天然水仕込」の3拍子に、 “3つのゼロ”(アルコール度数0.00%、カロリーゼロ、糖質ゼロ)もという優等生だ。今回試してみたオールフリー シトラスクールは、こうしたシリーズの魅力に加えて、さらに爽やかなグレープフルーツと、喉の通りがひんやり感じるクールフレーバーが加味された。

 この日、筆者は取引先に出向き、大きな案件の打ち合わせを無事終えた。ここまでの懸案事項に解消のメドが付き、「ひとり打ち上げ」といきたい。アルコールで緊張を解きたいところだが、実は夜からもう1件打ち合わせがあるため、酔っぱらうわけにはいない。そこで公園の木陰のベンチに陣取り、夏限定のノンアルコールビールテイスト飲料のオールフリー シトラスクールを開けた。

 開封から喉を通ったあとまで、その感覚は「ビール」。もちろん、アルコールが入っているとやってくる“酔い”や“火照り”はない。しかし、この爽やかさ。ひとり「なんの問題もない!」と叫んでしまったほどだ。シトラス風味だが甘い炭酸系飲料と違い、「どんなメシにも合う」とも感じた。これは“新ジャンル”と定義していい飲料だ。梅雨のこのジメジメ感にはピッタリ、そして何より開放感が嬉しい。

 1缶開けたあと、これまでの仕事の辛かった時や、今後のプロジェクトの進展に思いを馳せる……。小1時間はたっただろうか、気がつけば公園には宵闇が迫ってきた。今度はお昼のランチや、残業前のリフレッシュに、オールフリー シトラスクールの出番を期待したい。数件の連絡業務を携帯電話で済ませ、仕事モードで活動再開だ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top