日本マイクロソフト、「Xbox One」の予約を6月21日に開始……ゲーム同梱の限定版も販売 | RBB TODAY

日本マイクロソフト、「Xbox One」の予約を6月21日に開始……ゲーム同梱の限定版も販売

 日本マイクロソフトは17日、9月4日に発売する同社の家庭用ゲーム機「Xbox One」の予約受け付けを6月21日に開始すると発表した。ゲームとセットにした限定版も用意される。

IT・デジタル その他
「Xbox One」は39,980円。6月21日から予約を開始する
  • 「Xbox One」は39,980円。6月21日から予約を開始する
  • マイクやカメラなどKinect同梱の「Xbox One + Kinect」は49,980円。ゲーム「タイタンフォール」などを同梱した限定版も価格据え置きで販売
 日本マイクロソフトは17日、9月4日に発売する同社の家庭用ゲーム機「Xbox One」の予約受け付けを6月21日に開始すると発表した。ゲームとセットにした限定版も用意される。

 「Xbox One」は、昨年11月に米国などで発売。当初はKinect同梱版のみを販売していたが、日本では本体版とKinect同梱版を分けて発売する。「Xbox One」単体は39,980円、Kinect同梱の「Xbox One + Kinect」は49,980円。

 また、同社では数量限定で「Xbox One+Kinect」にゲーム「タイタンフォール」「Kinectスポーツライバルズ」を同梱した「Xbox One+Kinect(Day One エディション)」もラインナップに加えた。価格は「Xbox One + Kinect」据え置きの49,980円。

 9月4日に本体と同時に発売されるゲームタイトルも明らかにされた。「Forza Motorsport 5」「Kinectスポーツライバルズ」「Dead Rising 3」「Ryse: Son of Rome」が6,900円で提供。「Forza Motorsport 5」の初回生産の限定版「リミテッド エディション」が7,900円となっている。これらのゲームタイトルも21日から予約を受け付ける。

 このほかノンゲームアプリとして、映画を楽しむ「Xbox Video」、ゲームの動画を楽しむ「Machinima」「Twitch」、ブラウザー「Internet Explorer」、クラウドストレージ「OneDrive」、ビデオ通話が可能な「Skype」などの日本対応アプリが提供。日本独自の国内向けアプリとして、カラオケアプリ「カラオケ@DAM」、ゲームや様々な動画を楽しめる「niconico」なども順次リリースされる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top