新宿伊勢丹、江原理恵の“アートな草花”展開催 | RBB TODAY

新宿伊勢丹、江原理恵の“アートな草花”展開催

エンタメ その他

ボタニカルデザイナーの江原理恵氏(伊勢丹新宿本店本館2階アートギャラリースペース)
  • ボタニカルデザイナーの江原理恵氏(伊勢丹新宿本店本館2階アートギャラリースペース)
  • 鶴首花瓶やピストルのデザインがされたvase(花瓶)シリーズ
  • 鶴首花瓶やピストルのデザインがされたvase(花瓶)シリーズ
  • クマノミの巣をイメージしたhanging(壁掛け)シリーズ
  • 鳥の巣をイメージしたhanging(壁掛け)シリーズ
  • 草花の下にある地中を描いたvase(花瓶)シリーズ
  • 「botanical vase展」(伊勢丹新宿本店本館2階アートギャラリースペース)
  • 江原理恵氏と告鍬陽介氏の紹介パネル
ボタニカルデザイナーの江原理恵は、テキスタイルデザイナー告鍬陽介(つげくわ・ようすけ)とコラボレーションし、植物をアートに飾る「ボタニカルベース(botanical vase)」展を伊勢丹新宿店本館2階アートギャラリースペースで開催している。5月27日まで。

今回展示されるbotanical vaseとは、告鍬がデザインしたキャンバスに一輪挿しが組み込まれており、草花を飾ることができる作品だ。「vase(花瓶)シリーズ」(5,400円から6,000円)と「hanging(壁掛け)シリーズ」(5,800円)が出展されている。vaseシリーズはキャンバスに“鶴首花瓶”や“ピストルの銃口”などが描かれ、草花はまるでキャンバスに生けられているように見える。hangingシリーズはキャンバスに“鳥の巣”や“クマノミ”が描かれ、その絵柄に合わせられた形でエアプランツ(鉢や土がなくても育つ植物)が生けられている。

両シリーズはそれぞれ専用の草花が付属しており、vaseとセットで購入できる。草花には紫陽花やクリスマスローズ、ねぎぼうずなど、明るめのグリーンの植物が使われ、モノトーン系のvaseとは対照的に色鮮やかな楽しい空間を演出する。

「普段、生け花をされない方や、花に触れることが少ない方もアート作品のように気軽に楽しんでもらえればうれしい」と江原は話す。

江原は昨年「花を売らない花売り展」を開催。ボタニカルアートの展示だけでなく、今回コラボした告鍬を始め、陶芸作家の鈴木稔、アパレルデザイナー根岸明子、アクセサリーブランド「PUPUTIER」と共に製作した花や植物と人や空間を繋ぐ作品を提案し好評を得た。今回の伊勢丹への出店は、伊勢丹バイヤーを知る同展のアートディレクターの紹介で決まったという。

アールイー・フラワー(RE flower)の代表取締役を務める江原は、ボタニカルデザイナーとして、人と植物と空間をデザインする事業を展開するほかにも、オフィスデザインやクラウドファンディングを行うなど、活動は多岐に渡る。そんな同氏は「今後はITと花が融合された作品を作りたい、人と花がインタラクティブにコミュニケーションを図れるような動的な作品を実現させたい」と語る。花に話しかければ、音を感じ取るテクノロジーにより花がリアクションしてくれるイメージだという。人を癒やす「静的な花」が人に話しかけてくれる「動的な花」へと変容する日も近いかもしれない。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top