【au 2014年夏モデル】初心者向け機能拡充、堅牢性も強化した5型「URBANO L03」 | RBB TODAY

【au 2014年夏モデル】初心者向け機能拡充、堅牢性も強化した5型「URBANO L03」

IT・デジタル モバイル

堅牢性も強化した「URBANO L03」のアイビーグリーンモデル
  • 堅牢性も強化した「URBANO L03」のアイビーグリーンモデル
  • 「URBANO L03」背面
  • 「URBANO L03」パープルブラックモデル
  • 「URBANO L03」パープルブラックモデル背面
  • 「URBANO L03」ピンクゴールドモデル
  • 「URBANO L03」ピンクゴールドモデル背面
 初心者も使いやすいように利用者の熟練度によって切り替えられるホームアプリを搭載する「URBANO」シリーズ。au夏モデルの「URBANO L03」(京セラ製)も、これは踏襲されている。発売は7月上旬の予定。

 ホームアプリは、シニア向けの「かんたんメニュー」のほか、「エントリーホーム」、「標準ホーム」が用意されていたが、新たに「au ベーシックホーム」も追加され、計4つのホームアプリが用意される。初心者向けとされる「エントリーホーム」では、「でか文字」や「拡大鏡」など、見やすさに配慮した機能も搭載した。

 また、ケータイにあってスマートフォンにはあまりなかった機能を追加。「簡易留守メモ (伝言メモ)」「サイレントマナー」などに加えて、新たに「着信応答保留」「通話音声メモ」「ドライブモード」「海外ローミング中着信拒否」「通話料金表示」「充電開始/終了音」にも対応した。ケータイを使い慣れていた層の取り込みを図っている。

 外装にメタルをあしらって高級感を演出。防水/防塵のほか、米国防省のMIL-STD-810G規格の落下衝撃性能に耐える耐衝撃性能も備える堅牢モデルとなった。

 ディスプレイは5インチフルHD液晶(1,920×1,080ピクセル)、OSはAndroid 4.4、プロセッサはクアッドコアのMSM8974AB(2.3GHz駆動)、メモリ2GB、ストレージは16GB。1300万画素CMOSのメインカメラは、スローモーションムービー機能、連写から好みの1枚を選べるベストショット機能、夜景+人物モードなどが追加された。

 ネットワークは800MHz/1.5GHz/2.1GHzのLTEに加えて、最大150Mbpsのデータ通信を可能とするキャリアアグリゲーションとWiMAX2+にも対応。IEEE 802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi、Bluetooth 4.0、NFC、ワンセグ、おサイフケータイ、テザリングの機能も装備する。

 バッテリは3,000mAhで、3日間の使用が可能という。通話時間は約1,480分、連続待ち受け時間は3Gが約730時間、LTE/WiMAX 2+が約700時間。本体サイズは幅70mm×高さ140mm×奥行9.9mm、重量は約154g。別途、無線充電Qi対応モデルも用意される。カラーはパープルブラック、アイビーグリーン、ピンクゴールドの3色。

《関口賢》

関連ニュース

特集

page top