要潤と平井理央、ウイスキーに「くびったけつる!」…ミュージアムバー開店 | RBB TODAY

要潤と平井理央、ウイスキーに「くびったけつる!」…ミュージアムバー開店

エンタメ フォトレポート

竹鶴 MUSEUM BAR
  • 竹鶴 MUSEUM BAR
  • ニッカウヰスキーの中川圭一代表取締役社長
  • 竹鶴 MUSEUM BAR
  • 竹鶴 MUSEUM BAR
  • 平井理央
  • 竹鶴 MUSEUM BAR
  • 竹鶴 MUSEUM BAR
  • 竹鶴 MUSEUM BAR
 ニッカウヰスキーは4月28日、東京・六本木「ヒルズカフェ/スペース」で、竹鶴ブランド初のオフィシャルバー「竹鶴 MUSEUM BAR」のオープン式典を開催。ゲストに俳優の要潤やフリーアナウンサーの平井理央が登壇した。

 竹鶴 MUSEUM BARは、ニッカウヰスキーの創業80周年、同社創業者の竹鶴政孝の生誕120周年を記念した期間限定バー(4月29日~5月18日)で、「日本のウイスキーの父と呼ばれる竹鶴政孝の人生と、その名を冠したモルトウイスキー『竹鶴ピュアモルト』を体感できる」(同社)という。

 同バーの第一印象について平井は、「原酒の色合いを再現したボトルが、壁一面に並んでとてもきれい。女性も楽しめる空間」と。また、「仕事が終わったあとにひとりでバーに行く」という要は、「ウイスキーが大好きで、飲み比べもする。この竹鶴に、くびったけつる!」とダジャレを飛ばした。

 また会場で2人は、「ワールド・ウイスキー・アワード 2014」のブレンデッドモルトウイスキー部門世界最高賞を受賞した『竹鶴17年ピュアモルト』を試飲。平井は、「とてもさわやかな飲み口で芳醇な甘み。世界一のウイスキーをソーダ割りで楽しめるなんて最高。まさに“くびったけつる”」と要の冗談に“便乗”した。

 竹鶴 MUSEUM BARでは、受賞商品である竹鶴17年ピュアモルト(760円)をはじめ、竹鶴25年ピュアモルト(3000円)、3種テイスティングセット(1100~1300円)などが楽しめるほか、岸久・渡邊一也・北村聡の3人がそれぞれプロデュースしたオリジナルカクテル類も味わえる。

 また、竹鶴政孝の妻・リタのレシピを再現したフードメニューも用意。要は「厚切りローストビーフ(1500円)がいい。相性抜群だと思う」と、平井は「リタさんの愛情があふれているシェパーズパイ(870円)がおいしい。本来は羊の肉を使うけど、羊肉が苦手な政孝さんを想って牛肉を使用しているところに愛を感じる」と話していた。
《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top