【ドコモ決算発表】2013年度予算未達のけじめ……執行役員・取締役の賞与一部カット | RBB TODAY

【ドコモ決算発表】2013年度予算未達のけじめ……執行役員・取締役の賞与一部カット

エンタープライズ その他

NTTドコモ代表取締役社長 加藤薫氏
  • NTTドコモ代表取締役社長 加藤薫氏
  • スマホ、LTEを伸ばすも減収減益
  • スマホ、LTEを伸ばすも減収減益
 25日、NTTドコモは2013年度決算発表と2014年度の事業目標などの発表説明会を開催した。

 その中で、NTTドコモ代表取締役社長 加藤薫氏は、2013年度決算目標が未達だったことを受け、代表取締役以下執行役員らの賞与一部カットを発表した。対象となる役員は、代表取締役社長、副社長2名、相談役の4名に加え、全取締役、全執行役員とした。金額、カット率は未公開だが、このうち加藤社長、副社長、相談役の4名は減額幅が他の対象役員らより多いという。

 NTTドコモは、2013年度の決算発表において、営業収益が44,612億円(前年度比-89億円)、営業利益が36,420億円(同ー180億円)、当期純利益8,192億円(同ー263億円)とし、どれも前年度比マイナス決算となっている。

 また、新聞報道どおり、インド事業の撤退についても正式に発表された。加藤社長は、2014年度は新料金プラン、組織の見直し、経営の効率化、LTE-Advancedの投入などで巻き返しを誓った。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top