ソフトバンクM、「スマ放題」の提供開始時期を延期……ドコモ「カケホーダイ」が影響か | RBB TODAY

ソフトバンクM、「スマ放題」の提供開始時期を延期……ドコモ「カケホーダイ」が影響か

エンタープライズ モバイルBIZ

ソフトバンクモバイル「スマ放題」の概要
  • ソフトバンクモバイル「スマ放題」の概要
  • NTTドコモ「カケホーダイ」の概要
 ソフトバンクモバイルは18日、音声定額とパケット定額をパックにしたスマートフォン向け新定額サービス「スマ放題」について、提供開始時期を変更することを発表した。

 同社では当初、4月21日よりサービス提供を開始すると発表していたが、今回「競争環境の変化に鑑み、提供開始時期を変更させていただきます」として、提供時期の延期を決定した。今後の詳細は未定。

 「スマ放題」は「Sパック」(月額5,980円)、「Mパック」(月額6,980円)、「Lパック」(月額9,980円)の3パターンが用意され、国内音声通話は、Sパックなら月50回(1回5分以内)、MパックとLパックなら月1,000回(1回10分以内)利用が可能。

 一方、NTTドコモが4月10日に、国内の音声通話を定額とする新料金プラン「カケホーダイ」を発表しており、こちらは何回・何分でもかけ放題となるプランとなっている。ドコモ携帯電話には2200円、ドコモスマートフォンには2700円の月定額で提供する。そのため、今回のソフトバンクモバイルの発表は、料金・サービス内容などの見直しも含めた対応と思われる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top