【ファインテック2014 Vol.4】利用シーンが広がる大型タッチパネル | RBB TODAY

【ファインテック2014 Vol.4】利用シーンが広がる大型タッチパネル

ブロードバンド テクノロジー

ディ・エム・シーのブース。静電容量式の70インチ大型タッチパネルを出展。メタルメッシュフィルムで1枚のパネル上にXY軸の電極を形成しているため、大型化しても感度が落ちずに利用できる
  • ディ・エム・シーのブース。静電容量式の70インチ大型タッチパネルを出展。メタルメッシュフィルムで1枚のパネル上にXY軸の電極を形成しているため、大型化しても感度が落ちずに利用できる
  • 70インチのタッチパネルを組み込んだ電子黒板。脇の部分もタッチパネルになっており、アイコンを選んで操作することが可能
  • 【ファインテック2014 Vol.4】利用シーンが広がる大型タッチパネル
  • タッチパネル研究所のブース。生活防水に対応した32インチのタッチテーブルを展示。幅広い利用シーンに対応する
  • 漫画のような電子コンテンツを32インチのタッチテーブルで読むと斬新。文字も大きく紙芝居のような感じだ
 東京ビッグサイトにおいて25日まで開催されている「第24回ファインテックジャパン」。ディスプレイ関連製品で特に目を引いたのは、ディ・エム・シーとタッチパネル研究所の製品だ。

 ディ・エム・シーは、静電容量式の70インチ大型タッチパネルを出展していたこの大型タッチパネルは、2枚のパネルを組み合わてXY軸の電極を形成する通常の方式ではなく、メタルメッシュフィルムを使って1枚のパネル上でXY軸の電極をつくっていることが特徴だ。

 メタルメッシュフィルムは抵抗値が低いため、大型化しても感度が落ちずに利用できるという。展示ブースでは、この70インチ・タッチパネルを電子黒板に組み込んでデモを実施。このほかにも小型タッチパネルで、ガラス-ガラス、フィルム-フィルムなど用途に合わせてパネルを選べるバリエーションの広さをアピールしていた。

 一方、タッチパネル研究所は生活防水に対応した32インチのタッチテーブルを展示。誤ってテーブルで飲み物などをこぼしてしまっても、タッチテーブル自体は壊れないため、喫茶店のような場所で漫画などの電子コンテンツを楽しめる。32インチで読む漫画は文字も大きく、紙芝居的な感じで斬新だ。

 タッチテーブルのOSとしてWindows 8を採用しており、インターネットにアクセスし、ネットオークションを行ったり、ディーラでのクルマのプレゼンや、不動産の物件を提案したり、利用シーンはさまざまだ。また軍手など手袋をしてもタッチ動作が行えるため、工場でも利用できるだろう。


《井上猛雄》

関連ニュース

特集

page top