パナソニック、スマホでファクス受信画像を見られる新「おたっくす」 | RBB TODAY

パナソニック、スマホでファクス受信画像を見られる新「おたっくす」

IT・デジタル その他

無線LAN対応パーソナルファクス「KX-PD101DL」
  • 無線LAN対応パーソナルファクス「KX-PD101DL」
 パナソニックは14日、ファクスの受信画像をスマートフォンで見られる無線LAN対応パーソナルファクス「KX-PD101DL」を発表した。発売は6月12日、価格はオープンで予想実売価格は27,000円前後(税抜)。

 同機はスマートフォンとの連携を強化したモデルで、愛称「おたっくす」シリーズのパーソナルファクス。親機とコードレス子機1台のセットとなる。親機を家庭の無線LANに接続し、スマートフォンに専用アプリ「スマートフォンコネクト」をインストールすると、スマートフォンが子機として利用可能(最大4台)。スマートフォンの電話帳を使って固定電話回線を使用した発信も行える。専用アプリ「スマートフォンコネクト」はiOS、Android両方が用意される。

 自宅に届いたファクスをスマートフォンの画面で確認し、必要なものだけ選んで印刷できる「スマホで見てから印刷」機能も搭載。親機をインターネットに接続しておけば、登録したメールアドレス(最大4件)にファクス受信画像や留守番電話への用件録音などの通知を送ることも可能だ。

 対応スマートフォンは、Android 4.0 以降でGoogle Play対応とiOS 6.0 以降。受話口のないAndroid タブレットやiPadは、常にスピーカーホン通話となる。無線LANはIEEE802.11 b/g/nに対応、本体サイズは幅320mm×高さ93mm×奥行196mm、重量は約2.5kg。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top