ヤフー、決済システム導入サービス「Yahoo!ウォレットFastPay」提供開始 | RBB TODAY

ヤフー、決済システム導入サービス「Yahoo!ウォレットFastPay」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

ダッシュボード画面
  • ダッシュボード画面
  • ダッシュボード画面
  • 「Yahoo!ウォレットFastPay」サイト
  • 「Yahoo!ウォレットFastPay」の概要
 ヤフーは4月4日、自社サイトに決済システムを導入できる新サービス「Yahoo!ウォレットFastPay」を公開した。初期費用・月額費用・トランザクションフィーは無料で、決済手数料は3.25%。

 「Yahoo!ウォレットFastPay」は、事業者が運営する自社サイトに、数行のコードを貼り付けるだけでかんたんにオンラインクレジットカード決済システムが導入できる、新しい決済サービス。利用可能カードブランドはVISA、MasterCard(JCB、Diners、American Expressは準備中)。申し込みから加盟店審査(約1週間程度)を経て、すぐに決済が利用可能となる。なお、医薬品や中古品、アルコール販売等の許認可が必要なサイトは、現時点では申し込みできない。

 振込サイクルは、月1回プラン(月末締め翌月末払い)、月2回プラン(15日締め月末払い、月末締め翌月15日支払い。+0.1%の手数料が発生)の2種が用意されている。

 実装はコードを貼り付けるだけで、以降はダッシュボードで手軽に管理ができる。ライブラリは、PHPに対応(Ruby、Pythonに対応予定)。Yahoo! JAPAN IDのログインで、本番同様のテスト環境が利用可能。また導入先の実装ミスなどによるカード番号漏洩などを防ぐ、クレジットカード情報入力フォームが用意されている。

 今後は、Yahoo! JAPAN IDユーザーを対象とした、「アカウント決済」や「Tポイント」の連携、また、「継続課金決済」の追加が予定されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top