トータス松本「ヒーロー、って何?」……“直球勝負”のウルフルズ新曲がドラマ主題歌に | RBB TODAY

トータス松本「ヒーロー、って何?」……“直球勝負”のウルフルズ新曲がドラマ主題歌に

エンタメ 音楽

約4年半ぶりとなる復活ライブを行ったウルフルズ
  • 約4年半ぶりとなる復活ライブを行ったウルフルズ
 活動再開したウルフルズの新曲「ヒーロー」が、4月17日よりシリーズ第2弾がスタートするテレビ朝日系ドラマ「刑事110キロ」の主題歌に決定したことが17日、わかった。

 16日に東京・両国国技館で開催されたライブイベント「uP!!!SPECIAL MUSIC COMPLEX 2014, Spring」で、約4年半ぶりとなる復活ステージを披露したウルフルズ。約70分にも渡る熱いライブを行ったが、そこで新曲「ヒーロー」を初披露した。

 今回、これまでに多くのアーティストたちに取り上げられてきた「ヒーロー」という定番のテーマに挑んだウルフルズだが、作詞・作曲を手掛けたトータス松本は「よーしここは直球勝負じゃー!と書きはじめたはいいけれど、『ヒーロー』って何?となるとまったく答えられない。まさに歌詞の中にあるように『何度でも何度でも自分に問いかけて』みたけれどさっぱり分からない。分からないので結局そのままの歌詞になってしまいました」と、作品作りには頭を悩ませたという。そして「なのでせめて、最後のコーラスをみんなで気持ちよく歌って、熱い気持ちをたかぶらせる事ができたらと思います」とコメントした。

 また、同ドラマで主演を務める石塚英彦は、同楽曲について、「暗さよりも日本の明るい将来を願うというような、すごく前向きなこの主題歌がドラマの最後に流れることで、カッコ悪くても真実を求めてひた走る花沢太郎のキャラクターを、より際立たせてくれるようで心強いです。こういう主題歌を聴いちゃうと間違えたヒーローができないですね(笑)」とコメントしている。

 「刑事110キロ」は4月17日スタート。初回放送は午後7時~8時54分の2時間スペシャル版。
《花》

関連ニュース

特集

page top