列車・駅情報をリアルタイム表示…「JR東日本アプリ」3月10日配信開始 | RBB TODAY

列車・駅情報をリアルタイム表示…「JR東日本アプリ」3月10日配信開始

 JR東日本は3月10日から、個々のニーズに応じたタイムリーな情報提供を実現するスマートフォン向けアプリ「JR東日本アプリ」の提供を開始する。利用料無料。対応OSは、iOS(iOS6.0以上)、Android(Android OS 2.3.3/Android OS 4.0.3以上)。

ブロードバンド ウェブ
「JR東日本アプリ」トップ
  • 「JR東日本アプリ」トップ
  • 「JR東日本アプリ」運行情報
  • 「JR東日本アプリ」在線位置
  • 「JR東日本アプリ」リアルタイム発車票
  • 「JR東日本アプリ」駅設備案内
  • 「JR東日本アプリ」構内図
  • 「JR東日本アプリ」構内図
  • 「JR東日本アプリ」トレインネット列車情報
 JR東日本は3月10日から、個々のニーズに応じたタイムリーな情報提供を実現するスマートフォン向けアプリ「JR東日本アプリ」の提供を開始する。利用料無料。対応OSは、iOS(iOS6.0以上)、Android(Android OS 2.3.3/Android OS 4.0.3以上)。

 「列車まわり、ぜーんぶおまかせ。」がコンセプトの「JR東日本アプリ」は、列車・駅・エキナカ・空き時間などの情報をタイムリーに提供。よく利用する路線や駅を「My路線」「My駅」として登録しておくと、トップページ上でリアルタイムに情報が表示されるようになる。

 トップページ上に表示される「My路線」「My駅」は、10路線、10駅まで登録可能。列車の遅れや運転見合わせなどの運行情報、駅の構内図や時刻表などがすばやく閲覧できるほか、その右側の「列車に乗る」「駅を利用する」「エキナカ・マチナカを利用する」「実験に参加する」「スキマ時間を楽しむ」といったコンテンツでより広く詳しく情報を探ることもできる。

 「駅を利用する」では、同社の駅(約1700駅)の構内図、時刻表、駅の施設(みどりの窓口の有無・営業時間、バリアフリー設備の有無、コインロッカーの有無)の情報、エキナカ・駅ビルに関する情報などが表示される。

 また、東京駅については、構内図からコインロッカーのリアルタイムの空き状況も閲覧できる。Android版では、ユーザーの位置を構内図上で把握することも可能だ。

 さらに、走行中の山手線に関する情報を配信する「山手線トレインネット」も提供される。これは、乗車位置・区間にあわせた停車駅情報(乗換路線、ホーム案内図、駅構内図)や乗車中(走行中)の山手線の各車両の混雑状況、車内温度がチェックできるというもの。この「山手線トレインネット」は、ラッピングトレインとして運行される1本が対象(5月31日まで)で、その後順次利用できる編成を増やし、来年度内に山手線全編成で利用できるようになる。

 同社は、「JR東日本アプリ」のPRにおいて、俳優で鉄道ファンの六角精児を起用するという。
《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top