ランバンが追い求める究極の贅沢【14-15AWウィメンズ】 | RBB TODAY

ランバンが追い求める究極の贅沢【14-15AWウィメンズ】

エンタープライズ フォトレポート

ランバン 14-15AWウィメンズコレクション
  • ランバン 14-15AWウィメンズコレクション
  • ランバン 14-15AWウィメンズコレクション
  • ランバン 14-15AWウィメンズコレクション
  • ランバン 14-15AWウィメンズコレクション
  • ランバン 14-15AWウィメンズコレクション
  • ランバン 14-15AWウィメンズコレクション
  • ランバン 14-15AWウィメンズコレクション
  • ランバン 14-15AWウィメンズコレクション
「ランバン(LANVIN)」は14-15AWコレクションを発表した。アルベール・エルバスは、extreme(究極)とextravagant(浪費、贅沢)をテーマにランウエイショーを披露した。

黒をメインにエレガントなルックが続々と登場。ツイードに施されたフリンジは緯糸をあえて織り込まず、経糸を断つことでフリンジ状にしたツイード生地を上から叩いたもの。サテンのように光沢を放つウール、リアルと見まがうフェイクファー・フェイクレザーの使用などextremeな素材使いを見せる。ビーズ使いや後半のさざめくフリンジなどトライバルな側面も。このフリンジは表地にボンディングし、生地端から余りを垂らしたユニークな仕様だ。

優美なカッティングは相変わらず。一見シンプルなルックでもタックやパターンで細工され、アクセントとする。今期はバイアス使いが目立ち、フレアも存分に入り、布地をextravagantに用いる。

また、今季エルバスは「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」へのオマージュ的要素もあると公言している。同ブランドを想起させるボリューミーなコート、ツバが広いハットのルックが登場した。

アクセサリーもトライバルな雰囲気。エキゾチックレザー、大振りの金属などを使用し、重厚感に溢れている。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top