富士通、国内グループ200社・11万人のコミュニケーション基盤を統一完了 | RBB TODAY

富士通、国内グループ200社・11万人のコミュニケーション基盤を統一完了

エンタープライズ 企業

富士通が取り組むワークスタイル変革イメージ
  • 富士通が取り組むワークスタイル変革イメージ
  • 社内SNSによるナレッジの共有イメージ
  • グローバルコミュニケーション基盤ソリューション体系
 富士通は3月3日、国内約200社・11万人のコミュニケーション基盤統一を2014年2月に完了したことを発表した。海外でも、欧州、北米、中国・APACで統合を進めており、2014年度中にグローバル全体で約500社・17万人の統一が完了する予定。

 富士通では2012年1月より、国内外のグループ会社のコミュニケーション基盤の統一を開始。スマートフォン、タブレットの活用や、メール、ポータル中心のコミュニケーションから、音声・ビデオ会議、ソフトフォン、SNS、社内動画配信・共有までを含め、新しいコミュニケーションスタイルを推進した。その結果、コミュニケーション基盤の運用コストが、従来比約50%削減、出張コストが最大で約20%削減となるなど、コスト面での大きな効果が出たとしている。

 また2013年9月から、社内ソーシャルネットワーキング(SNS)環境を提供し、企業内では初となる、大規模なSNSの本格運用を開始。これにより、グループ500社17万人規模でのナレッジ共有が行われているという。

 今後は、社内実践のノウハウを7つのサービス・製品として整理し、「グローバルコミュニケーション基盤ソリューション」として体系化し、企画・検討から設計、導入運用までトータルで提供を行う。また、社内SNSや内線電話連携、海外拠点連携といった機能を追加し、今後3年で約1000億円の受注を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top