高級レザーのカミーユ・フォルネ、パターンオーダー会を伊勢丹と三越で開催 | RBB TODAY

高級レザーのカミーユ・フォルネ、パターンオーダー会を伊勢丹と三越で開催

エンタメ フォトレポート

「カミーユ・フォルネ」パターンオーダー会(伊勢丹新宿店メンズ館1階)
  • 「カミーユ・フォルネ」パターンオーダー会(伊勢丹新宿店メンズ館1階)
  • フランスの職人がハンドメイドで一つひとつ仕上げる
  • オーダー会限定のカラーも用意
  • 人気のラウンドジップの長財布
  • ビジネスバッグからウィメンズのトートバッグまでラインアップ
  • ウィメンズのトートバッグもオーダー可能
  • カラーの組み合せが楽しめるビジネスバッグ
  • クラッチバッグもカラーバリエーション豊富に
フランスの高級レザーブランド「カミーユ・フォルネ(Camille Fournet)」のパターンオーダー会が、2月26日から3月4日まで、伊勢丹新宿店メンズ館1階バッグプロモーションで開催されている。

オーダー会では、カーフ4種、リザード、パイソン、オーストリッチに加え、今回、新たにアリゲーターが登場。アイテムは、最も人気が高いラウンドファスナー長札入れを始め、カードケース、小銭入れ、パスケース、ビジネスバッグや女性用のトートバッグを展開。カラーは全部で約60種用意されており、レギュラーのアイテムでは展開されていないカラーも本イベントではオーダーが可能となる。

会期は、3月12日から18日まで銀座三越、3月26日から31日まで日本橋三越本店でも順次開催される。

同ブランドは、1945年、馬具職人だったカミーユ・フォルネによってパリ・ピカデリー地方で創設。以来、「カルティエ」「パテック・フィリップ」「ショパール」を始めとする世界の高級ブランドの革ベルトを製作している。クロコダイルやオーストリッチ、リザードなど、エキゾチックレザーは最も良い部分のみを使用。職人による一貫した手仕事により、丈夫でステッチを活かした美しいフォルムを実現。その高い品質と技術により、現在も多くの一流時計ブランドがカミーユ・フォルネの時計ベルトを採用している。

1980年代に入ると、世界で初めて時計ベルトにカラーを採用。時計ベルトをファッションアイテムとして提案した初のブランドとして知られており、現在は時計ベルトだけでなく、バッグやスモールレザーグッズなど展開アイテムを拡大している。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top