2014年の桜の開花予想、北日本はやや早め……ウェザーニューズが発表 | RBB TODAY

2014年の桜の開花予想、北日本はやや早め……ウェザーニューズが発表

ブロードバンド テクノロジー

桜の開花傾向
  • 桜の開花傾向
  • 桜の開花傾向・47都道府県
 ウェザーニューズは2月20日、各都道府県における桜の名所700カ所、および各エリアの桜開花傾向を発表した。今年は、1月下旬~2月初めに気温の高い時期があったことなどから、全国的に平年並かやや早い時期の開花となる見込みとのこと。

 同社の“開花傾向”は、過去10年間に寄せられた桜の開花状況に関するリポートと、今後の気象状況の予測をもとに算出したもの。スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」、携帯サイト、インターネットサイト「ウェザーニュース」では、20日より開花傾向を随時更新して、全国の名所700カ所の最新情報を公開する。

 今年のソメイヨシノのもっとも早い桜の一輪開花は、3月半ば過ぎから九州・四国の沿岸部で始まり、西日本、東日本へと進展。関東地方での開花は3月下旬の早い時期に南部から始まり、3月の終わりにかけて開花前線が北上。都心周辺は3月下旬に開花のピークを迎えるとの予想だ。

 東北地方では、これから4月の気温は平年並かやや低くなる予想だが、桜が咲く直前には、気温差が大きくなって一時的に平年を上回ることもあり、開花直前の暖かさで桜の花は平年並かやや早め(過去平均)の開花となる見込み。全国で開花がもっとも遅い根室釧路方面でも5月下旬には満開の桜を楽しめるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top