マイクロソフト、「OneDrive」の提供を全世界で開始 | RBB TODAY

マイクロソフト、「OneDrive」の提供を全世界で開始

ブロードバンド その他

「OneDrive」ロゴマーク
  • 「OneDrive」ロゴマーク
  • 「OneDrive」の提供を告知するブログ記事
  • さまざまなデバイスに対応
 マイクロソフトは2月19日、クラウドストレージサービス「OneDrive」(www.OneDrive.com)の提供を全世界で開始した。

 「OneDrive」は、写真、動画、ドキュメントなどをさまざまなデバイスから利用できるクラウド型のストレージサービス。同社のストレージサービス「SkyDrive」の名称が変更されたもので、同サービスユーザーは「www.OneDrive.com」にログインするだけで、データをそのまま引き継ぎ利用できる。iPhone/iPad、Androidスマートフォン/タブレット、Windowsデバイス、さらにMacに対応する。Officeでは、ファイルの既定の保存先になっており、作成中のドキュメントを別のデバイスで編集し続けることもできる。

 また同社のWindows、Windows Phone、Office、Xboxとも連携しており、ファイルをシームレスに利用できる。保存した写真などは、Windows 8.1のスタート画面やXboxスライドショーで表示される。

 名称の変更にともない、動画の共有・視聴、Androidのカメラ ロールのバックアップ、また、Office Web appsのリアルタイムの共同編集機能などの機能が強化されている。「OneDrive for Business」では、コンテンツマネジメント、コンプライアンス、アドミンコントロール機能も用意されている。

 7GBが無料で提供され、それ以上の容量は有料で追加可能。バックアップを行うことで3GB、知人を紹介することで最大5GBが追加で利用可能となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top