CLOVERS、顔認証システムを利用した万引き防止監視システム「LYKAON」発売 | RBB TODAY

CLOVERS、顔認証システムを利用した万引き防止監視システム「LYKAON」発売

エンタープライズ ハードウェア

「LYKAON(リカオン)」の活用イメージ
  • 「LYKAON(リカオン)」の活用イメージ
  • 顔データ共有システム「LYKAON share」の活用イメージ
 CLOVERSは2月14日、顔認証システムを利用した万引き防止監視システム「LYKAON」の販売を開始した。店舗で不審者や万引き常習者の顔認証データを検知し、登録するとともに、その情報を基に再来店の際には、リアルタイムで警告できるという。

 監視カメラで撮影した来店者の顔データを蓄積し、防犯に必要な顔データを登録。登録後に登録該当者が監視カメラの映像に映されることで、「警告」として表示、「顔認証率」「登録カテゴリ例:万引き常習者、注意人物等」「顔認証日時」を検出できる。98%以上の認証率で登録該当者との照合結果を検出できる。

 監視カメラの前にいない場合でも、店内で巡回しているスタッフがLYKAONアプリをダウンロードしたスマートフォンを携帯していることで、顔認証した登録該当者の情報をPUSH配信としてリアルタイム検知が可能。さらに、登録した顔認証データを「LYKAON share」を使って導入店間で共有することで、窃盗グループ集団、万引き常習者の危険性を、別の店舗にて顔認証検知が可能とのこと。これにより、初犯を防止することもできる見込みだ。データは、自店のみで検知する登録データか、LYKAON share(共有システム)に登録するかを選択可能。

 同社では、2012年から開発を進行し、数度のバージョンアップを果たした上で、小売業店舗における実用性の高いシステムとして完成させたとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top