【MWC 2014 Vol.4】サムスン、MWC 2014でTizen OS搭載スマートフォン発表か? 端末写真が流出 | RBB TODAY

【MWC 2014 Vol.4】サムスン、MWC 2014でTizen OS搭載スマートフォン発表か? 端末写真が流出

IT・デジタル モバイル

Tizen OSを搭載した「ZEQ9000」とされる画像
  • Tizen OSを搭載した「ZEQ9000」とされる画像
 サムスンが開発しているというTizen OSを搭載したスマートフォンの写真が、韓国のニュースサイトでリークされた。24日からスペイン・バルセロナで開催されるMWC 2014で発表されるとしている。

 同記事によれば、Tizen OS搭載スマートフォンは「ZEQ9000」という名称。4.8インチ液晶で、プロセッサには2.3GHz駆動のクアッドコアSnapdragon 800を採用するというハイエンドモデルになりそうだ。写真を見た感じでは、デザインはGALAXY S4とも似ている。

 サムスンは、MWC 2014でプレスイベント「SAMSUNG UNPACKED 2014 EPISODE 1」を2月24日に行うとしており、そこでは「GALAXY S5」が発表されるのではと噂されている。もしTizen OS端末が発表されることになれば、こちらも大きな話題となることと予想される。

 Tizen OSは、LinuxをベースとしたOSS(オープンソースソフトウェア)で、インテルやサムスンがTizen Associationメンバーとして開発を進めていたモバイル向けOS。NTTドコモもメンバーに加わり開発に携わってきていたが、1月に同OS搭載スマートフォンの導入を見送ると発表している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top